FC2ブログ

レドビキ・UR Blog

同人サークル「レドビキ・UR」うらじーのBlogです。

台湾イベント&旅行記【DAY-4】

こんばんは、うらじーです。

長かった旅行記もラストです。
この旅行記のテキスト自体、7月頃に大まかなカタチで書き上げていたのですが、
夏コミ原稿や諸事情モロモロで完成・掲載がこの10月になってしまいました。
今後は「記事の新鮮味」を保つためにも早め早めに作業を進めようと思います。反省。

【DAY-0】
http://redobikiur.blog36.fc2.com/blog-entry-424.html
【DAY-1】
http://redobikiur.blog36.fc2.com/blog-entry-432.html
【DAY-2】
http://redobikiur.blog36.fc2.com/blog-entry-433.html
【DAY-3】
http://redobikiur.blog36.fc2.com/blog-entry-434.html
【DAY-4】
このブログです



【4日目 5月29日】
泣いても笑っても今日が最終日。
20181024a01.jpg
ああ・・・・・帰りたくないのう(泣きたい

食事も喉を通らない。
20181024a02.jpg
いや、昨日の屋台と果物のせいなのだが←


それはともかく、今日の予定を脳内会議するわけだが
帰りの飛行機が15時なので午前中は行動ができる。
ただ店や施設のオープンが軒並み9~10時からなので行ける場所は限られる。


20181024a03.jpg

で、決めたのがココ。
国軍歴史文物館
20181024a04.jpg

昨日アニメイトへ向かう車中で偶然発見した建物だったりする。
何気なく外の景色を眺めていたら・・・・・・

!!!!????
20181024a05.jpg
「なに、今のクラシカルな大砲は????」
急いでスマホで調べたら「国軍歴史文物館」と。
ほうほう。

3階建ての館内は
1F 台湾警察の歴史や展示品(期間限定?)
2F 日中戦争・戦後の歴史や展示品等
3F 近代~現代の兵器展示

となっており、入場は無料。
各部屋には日本語案内のボードもあるので、それを見ながら見学すればより理解しやすいかと。
QRコードもあり、そこから音声案内もできるらしい(後日知りました
※ネットなどで館内撮影禁止という情報もありますが、
自分が訪れた際は係員に「撮影可能か?」の確認を取った上で撮影しました。
フラッシュ禁止以外は特に制限はありません。


20181024a06.jpg

20181024a07.jpg

2Fでは「あの曰くつきの刀」などの展示がありますが、
それに対して議論する考えは無いので、ここではスルーってことで。
(本心で言えば、もう少し歴史の勉強をしておけばよかったかな、と)
それを抜きにしても戦中の品々で興味深いものが多く展示されてますわ。

個人的には3Fの銃器展示に大興奮。
20181024a08.jpg

20181024a09.jpg

20181024a10.jpg

20181024b01.jpg

20181024b02.jpg

20181024b03.jpg
日本ではお目にかけることができない実銃の数々があり射精寸前。
中華民国軍(台湾軍)で使われた銃器はもとより、
世界各国様々な銃器が展示されていて1日中眺めていても飽きない勢い。

中には「これ電動ガンだよね?」って思うモデルも。
20181024b04.jpg

20181024b05.jpg
まぁ、この辺りは「参考展示」って意味合いだろうけどネ。
(AK74はともかくFA-MASやL85の入手は難しいよねぇ)

68式(上)
20181024b08.jpg
ステアーAUGの台湾独自(?)モデル。

南アフリカ版ガリル・R4
20181024b07.jpg
南アフリカからの寄贈品みたい。

M960キャリコ
20181024b09.jpg
サイレンサーに固定ストック、フォアグリップ付きとか凄いゲテモノ感(一応褒めてますw

M3グリースガンの珍銃
20181024b06.jpg
物陰に隠れて撃つのはいいけど、どうやって狙うのさwwww
しかしこーゆー屈折バレルって初速とかどーなんだろうね?

紹介したのは極一部で他にも新旧様々な銃が展示されとります。
珍しいのは国や軍へ寄贈されたモノや研究目的みたいっすね。

射撃シミュレーターもあるよー。
20181024b10.jpg

20181024c01.jpg
でも使い方(遊び方)が分からなくて断念。
畜生ッ!!!



3F隣の部屋には配備兵器の模型や部隊・階級章などが展示。
20181024c02.jpg

20181024c03.jpg

20181024c04.jpg

20181024c05.jpg
大きな艦船モデルはフルスクラッチだろうけど、
陸上車輌の地対空ミサイル車両や戦車回収車、ドーザー、戦車橋・・・・・
コレって市販プラモで出てるのか?ってぐらいマニアックなモデルも多い。

こっちにも射撃シミュレーターがありまして、大砲ver.!
20181024c06.jpg

20181024c07.jpg
こちらも遊んでみたかったけど、やっぱり分からなかったので断念。
流れるデモを見ていると着弾した時の爆破音も迫力あって面白気持ちよさそう。
今度来るときは理解できるようにしてくるんだからね!(宣言


結構早足で回ったのでなんとも不完全燃焼だが次の目的地へ。
20181024c08.jpg

20181024c09.jpg


台北101
20181024c10.jpg
泊まっているホテルのすぐ横にあるんだけど、
残り時間からしたらここがフィニッシュでちょうどいいと判断。

休日はエレベーター待ちがあるようだが、この日は平日なので待ちはゼロ。
20181024d01.jpg
そういえばエレベーター前で写真を撮られたんだけど、後でプリントアウトして貰えたようで。
折角カッコいいポーズ取ってキメたのだがのぅ。
(もちろん別料金&時間が無かったのですっ飛ばし)

89階の展望室より。
ぬお~、高けぇ~。
20181024d02.jpg

20181024d03.jpg
高雄85と比べて台北は建物やビルがよりギッチギチに詰まっている感じね。
大都会感(高雄も十分大都会だけど、港の大都会って感じで雰囲気が違う

屋外(91階)にも出ることが可能。
20181024d04.jpg

20181024d05.jpg
景色は柵から見える程度だけど。

あらー、お仕事ご苦労様です。
20181024d06.jpg
高所恐怖症の自分じゃ無理だわ。

1000万の給料ならどうかって?いやいやいや・・・・・
じゃあ好きな艦娘をくれるって?あっ、ハイ(即答か

愛は盲目。

展望室の中心部にある球体のマスダンパー。
20181024d07.jpg
なるほど、コイツが地震の揺れを軽減させるのか!
と、思ったら地震対策ってよりも、むしろ風圧対策が狙いらしい。
日本と同じで台風が厄介な所だからねぇ。


徒歩でホテルに戻るもやっぱり汗だくモード。
101とホテルは目と鼻の先なんだけどな・・・・・
何度も言うけど暑いのよ、台湾。

急いで荷物をまとめてチェックアウトの準備。
そのまま空港へ行くのでフロントに電話してタクシーを依頼。

20181024d08.jpg
待たせていたタクシーの運転手に「空港まで」と行き先を伝えるが・・・・・
運転手「ステイション!ゴー、ホテル」
なに言ってんだこのオッサン?

いやいや、駅じゃなくて空港、エアポートに行きたいんじゃよ!
それでも「ステイション&ホテル」云々と言い続けるし・・・・・
メモに「桃園空港」と書いて渡して納得したのか(?)タクシー発進。
だ・・・・・大丈夫なのか?


この妙な雰囲気を打ち消したのは運転手のこの言葉。
20181024d09.jpg
「ツキジ・スターイル」
は!!!!!??????

そう、この運転手一昨日台北駅からホテルに向かう際に
乗った同じ運転手だったのだwwwww


そうか、だから「ステイション&ホテル」と連呼していたのか。
すまん!(スマホの翻訳機で謝罪
分かり合える言葉、それは・・・・・・
「ツキジ・スタイル!」

しかし偶然にも同じ運転手に当たるとは・・・・・・と思ってたら
「ユア、ルーム1716?」
は!!!!!!?????

ちょ、なんでワシの部屋番号知ってんだよwwwwwwwwwww
その他、部屋の詳細とか知ってたwwwww

あ~、そういえばドアマンと友達とか何とか言ってたなぁ。
そのドアマンからの情報か?
チェックアウトしたとはいえ、ホテルマンが部屋番号教えちゃアカンやろ。
ちょっとソコは心配になったわ(汗
逆にドアマンが気を利かせて、この運転手を呼んだのかもしれないので感謝半分ってトコでw

20181024d10.jpg

無事空港へ到着。
「ツキジ・スタイル」で意気投合(?)した仲なので、
次回台湾に来た際にはまたオッサンを指名するわw
20181024e01.jpg
次は「トヨス・スタイル」と教えようw

20181024e02.jpg


時間はあるので、ゆっくりと昼食。
チキンカツが骨付きだったのに気付かず歯を強打。
20181024e03.jpg
おのれ孔明!(関係ないです


20181024e04.jpg
いよいよ離陸。

「マタキテネー」
20181024e05.jpg
また帰ってくるよー。

帰りの便は天候は安定してたのでエマージェンシーコールも無し←
この雲海・・・・・・旅のエンディングに相応しい。
20181024e06.jpg
BGMはOASISの「The Masterplan」で。


無事セントレア空港に到着。
地に足が着くっていいよね
(やっぱり飛行機怖い

税関審査にて。
税関員「初めての海外ですか。危険なものなど持ち込んでいませんよね?」
うらじー「なーんも無いアルヨ」←どっちやねん
      (いやらしいモノも買わなかったしな、えっへん!)
税関員「すみませんが、一応荷物チェックさせてもらいますね」

カバンを開けて現れる味仙杓文字

税関員「えっと・・・・・これは?」
うらじー「中部地域だから味仙って知ってますよね。で、この杓文字は(ry」

まさか税関員に杓文字&マジ味仙の説明を
するハメになるとは思わなかったw

コレ、中部地区だから味仙の説明が省けたからいいものの、
他の空港だったらそこから説明したいとイカンわwww

そんな旅の最後のオチでした。


---------------------------------------------------------------------------------------------
これにて台湾イベント旅行は終了。

ようやく念願叶った台湾旅行。
「百聞は一見に如かず」とはよく言ったもので、
実際その土地に行って初めて分かる事が多々ありました。
そこから余計に興味が沸いて台湾沼にハマりそうな予感がしたりしなかったりw

隣国台湾ってこともあり、旅行中さほど困ったこともなく
出発前に「海外旅行Lv.1でも大丈夫でしょ?」と言ったのも正解。
ある程度の事前調査さえすれば国内旅行と変わらない感じでした。
近代文化が日本と近いと言う事もあって日本とガラリと変わった
国ではありませんが、程よい異国の雰囲気や風土を楽しめます。
旅行中に出会った台湾人の方々は親切に接してくれました。
親日家の多い国だってのも頷けます。

治安もいいし、安心して海外旅行に行ける国だと思います。
ホント、暑い以外は最高ですよw
(暑がりなら冬場に行った方がいいかもね)

来年も行きたくなった台湾。
丁度このブログを書いている最中に速報で来年6月に砲雷撃戦が開催される報がきました。
リアル仕事の兼ね合いもあるので「予定は未定」ですが
再び台湾の地に立てるよう計画を立てたいです。

最後にここまで長文になった旅行記を読んでいただいた皆様に感謝します。
ありがとうございました。

台湾好棒!
ウォーウォー!
  1. 2018/10/24(水) 19:00:00|
  2. 同人
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<【冬コミ】冬はすぐそこ【焦れ】 | ホーム | 台湾イベント&旅行記【DAY-3】>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://redobikiur.blog36.fc2.com/tb.php/435-36d142f0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)