FC2ブログ

レドビキ・UR Blog

同人サークル「レドビキ・UR」うらじーのBlogです。

台湾イベント&旅行記【DAY-1】

こんばんは、うらじーです。

前回の台湾イベントレポ&旅行記【DAY-0】から3ヶ月経ってしまいました。
更新遅くてすみません・・・・・・
今後はポンポーンと更新できるよう頑張ります(本当か?

本文&写真が多いのでスクロール長めです。
暇な時にゆっくりでも読んでいただければ嬉しい太郎。
ではどうぞ。


【DAY-0】
http://redobikiur.blog36.fc2.com/blog-entry-424.html
【DAY-1】
このブログです
【DAY-2】
http://redobikiur.blog36.fc2.com/blog-entry-433.html
【DAY-3】
http://redobikiur.blog36.fc2.com/blog-entry-434.html
【DAY-4】
http://redobikiur.blog36.fc2.com/blog-entry-435.html



【1日目 5月26日】
いよいよ出発。
ここから旅が始まるのだッ!
201810130A.jpg

201810130B.jpg

しかし初っ端から不安要素が・・・・・・
「飛行機に乗る手順がイマイチわからん」
201810130C.jpg
国内線は経験があるけど国際線は初めて。
そりゃそうだ、初の海外だ。
もちろんガイドブックやネットで調べてはいたけれどスッキリしない。

意を決して恐る恐るカウンターへ。
うらじー 「アワワワワ、ドウデショウカ、コレー」
受付嬢 「eチケットですからカウンターでのお手続きは不要ですよ」
早速コレである。
つか、別にコレ国内国外関係ないんだけどな。大丈夫か自分。

金属探知機ゲートではベルトのバックルが引っかかりボディチェック。
「誰ッ、ワシのエッチピストルをもしもしするのはっ!」
と、まぁ特に問題も無く(?)突破。
ホント、実際経験してみないと分からないトコロって多いよね。

飛行機に搭乗。ザ・グッバイ日本!
見てくださいこの席。ビジネスクラスっすよ、ビジネスクラス!
201810130D.jpg
時期や早期予約が利いてかビジネスでも比較的お手ごろ価格だったのでチョイスしたのだが、最高っすね。
機内食もサービスも最高っす。万歳ビジネス!

おおおおおっ飛んだぁぁぁぁぁぁ!!!!!!!
201810130E.jpg

所々、気圧を抜ける関係で少し揺れる。
おおおおおっエマージェンシーエマージェンシー緊急事態発s
飛行機に慣れないのでいつもコレ。
未だに飛行機が飛ぶ原理がよくわからんし、飛行機怖い。
飛べない豚で結構だ!

快適な空の旅~。
201810130F.jpg

201810130G.jpg
台湾へは約3時間のフライトなので機内食食ってスマホでアニメ見てたらもう着陸。
近いよね。


台湾に着陸ッ!
201810130H.jpg
ここはマクレーン警部のように緊張した面持ちで着陸姿勢する。
裸足にはなれませんが。

遂にうらじー、台湾の大地に立つ!(第一話
さっそく記念撮影を。

201810130I.jpg
持ってきたわよ味仙杓文字!!!!!!!
遂にマジ味仙杓文字が本場台湾に初上陸!!!!!

つか空港で杓文字と写真撮ってるとか不審者以上の何者でもないw


201810130J.jpg
空港から一歩出ると熱気が壁になってぶつかってくる感じでファッキンホット!
これ、前にも同じ感覚があったなあ・・・・・・
あ、そうだ、何年か前の夏コミん時に埼玉鷲宮行った時の様だ。
でもこの暴力ヤクザ的熱気、まだ5月なんだよな・・・・・
じゃあ8月の台湾ってどうやねん。
コロニーレーザーなんじゃね?

そんな事を考えながらタクシーで桃園駅に移動。
201810130K.jpg
ここから台湾新幹線こと「台湾高速鐵道」乗車するのさ。

北から一気に南に南下。
201810130L.jpg
本当は高雄行きの直行飛行機が良かったんだけど無かったのよ。

キタキタ。
201810130M.jpg

201810130N.jpg
切符はこんな感じの磁気カード。

日本の新幹線を輸入しただけあって見た目も中身も殆ど同じ。
ドアが閉まる警告音も日本で聞く音と同じってんだからマジ新幹線。
201810130O.jpg

201810130P.jpg

台湾の車窓から。チャラッチャッラーチャーララー♪
「今日は静岡県を走ります・・・・」
201810130Q.jpg
これが本当に静岡辺りを走っているような景色だし、隣に座っている台湾人も
タブレットでワン●ース見てるし、台湾な雰囲気がゼロw
もしかして台湾では・・・・・ない・・・・・のか?


でもちゃんと台湾だったよ(どっちやねん
乗った車両は「商務車廂」といって日本で言うところのグリーン車
切符の値段も安いが(日本の半額ぐらい)、日本の新幹線には無いサービスで
添乗員がコーヒー・お茶・水・お菓子を無料で配ってくれる。
201810130R.jpg

201810130S.jpg
グリーン車内を絶え間なく行き来しているので、欲しい時にスグ貰えるし、
同じくゴミ回収員もいるので身の回りは常にスッキリキレイ!
この辺りで「日本じゃない」感を得る。快適じゃ。

そうこうしていると高雄左營駅に到着。
201810130T.jpg

ホテルに向かうタクシーから高雄の街並みをみていると台北よりも雰囲気が幾らか異国っぽくなってきた。
201810130U.jpg
でも走っている車は8割方日本車。それも日本で売られているお馴染みの同モデルばかり。
違うのは左ハンドルなこととナンバープレートだけ。
あとは欧州車系(稀に訳分からん車を見るが中国車かな?)で日本で走っている雰囲気と変わらん。
途中、チューニングカーショップがあったしw(といっても町の車屋っぽい雰囲気だったけど)

だが決定的に日本と違うトコロと言えば二輪のスクーターがムチャクチャ数多いこと。
人よりスクーターの方が多いんじゃないの?ってぐらいのレベル。
きっとスクーターの方が利便性が高いんだろーね、ここまで走っているってことは。
同じ二輪でも大型バイクは殆ど見なかったなぁ。


ホテルにチェックイン。
漢來大飯店 (The Grand Hi Lai Hotel)
201810130V.jpg

201810130W.jpg

201810130X.jpg

201810130Y.jpg
荷物を置いていざ艦攻、もとい観光へ。

DAY-0で「観光地を回るような云々」と書いたけど、
流石に異国に来てホテル内で引きこもるのもナニでアレでモッタイナイので
ガイドブックを見ながら興味をそそりそうな場所をチョイスしてみたヨ。


まずはココ。
201810130Z.jpg

20181013A0.jpg
紅毛港保安堂
大戦中日本の哨戒艇(第三十八号哨戒艇で元樅型駆逐艦蓬)艦長が戦死。
戦後、台湾で遺体が漁民によって発見されたのが発端で
その艦長らを祀って建てられたのがこの紅毛港保安堂。
で、祀ったとたん、大漁が続いたとかなんとか。

20181013AA.jpg
20181013AB.jpg
数年前に移転・新築されたようでかなりキレイな造り。

ここの管理人のおじさんがいい人で「日本からきました(日本語)」と伝えたら館内を色々と丁寧に説明してくれました。
お互い母国語がメインの会話だったけど、ジェスチャーやらなんやらで意思疎通はできました。
自分はそう感じた。

奥の部屋には日本から奉納された品々や写真等が多々展示。
20181013AE.jpg

20181013AF.jpg

20181013AG.jpg
時々日本の靖国神社等へ参拝ツアーを組んで行くとのこと。
日本人として嬉しい限り。

そういや祭られている軍艦模型を間近で見てみると・・・・・・
20181013AC.jpg
レゴっぽい人形がAKMP5、艦尾には対艦ロケット?等が装備されていて草(御愛嬌
この艦、このまま艦これで実装されればイベント海域クリア余裕だなwww

20181013AD.jpg
御神輿なんかも飾ってあって結構きらびやかな雰囲気なのですよ。

記念に家内安全と交通安全のお守りを購入。
20181013AH.jpg
ご丁寧に御香の灰を詰めてもらいました。ありがたや。


紅毛港保安堂を後にしてタクシーを拾おうと思ったが・・・・・・・
全然タクシーが来ない。
つか、車があまり走ってない。


そうだ、「コンビニからタクシーを呼ぶ」を実践してみよう。うん、そうだ。
台湾ではコンビニの自動端末機(日本でいうLoppiやマルチコピー機みたいなヤツ)から操作してタクシーを呼ぶことができるのだ。
とりあえずガイドブックを見ながら操作・・・・・・・
出されたレシートには10分ぐらいでココへ来ると書かれている。

その間、コンビニ店内を散策。
20181013AI.jpg

20181013AJ.jpg
日本でおなじみのお菓子類も日本名そのままの文字で売られている品が多いこと。
なので、ちょっと引いて商品棚を見たら日本と変わらない雰囲気だよなー。

飲み物買って出口に向かうと・・・・・
タクシー通過
いやいやいやいやいやいやちょっとまって・・・・・・
まだ2~3分しか経ってないってば!!!!!!
大急ぎで外に出るも、すでにタクシーの姿は見えず。
んだよ、早いよ、ソーロータクシーさんよぉ、キイキイ(ヒステリー
・・・・・・・と、地団駄踏んでたら戻ってきました。すまん。


続きましては海辺の港街に移動。
20181013AK.jpg

20181013AO.jpg
煌びやかな看板が・・・・・別にいやらしいお店でなく、カキ氷屋がほとんど。

カキ氷食うぞ!
20181013AL.jpg

カタコトの英語を使って店員さんとやりとり。
店員  「ディス、ツー、OK?」
うらじー「OKOK、レッツカモーン!」

と、2人前で注文。コイヤー!
20181013AM.jpg
キマシタワー。

もうカキ氷がメインなのか果物がメインなんだかわからんなwwww
ご丁寧にスプーンが2つ付いてきますた。
あれだけ1人で2人前OKだって力説(英語)したやんけ!!!!!!

20181013AN.jpg
でも周りを見渡すとぼっちでいるの自分だけやん・・・・・くっ、負けないぞ(何に?

味は見たまんま美味しいです。言葉にひねり無し。
氷にかかってるシロップやミルクも濃厚だし、なによりこれだけ果物てんこ盛りなので最後まで飽きないネ。
いや、正直言えば流石に2人前なので最後のほうが飽きてきたのは内緒だ←


そしてココ。
20181013AP.jpg

20181013AQ.jpg
高雄で一番高いビル、高雄85スカイタワービル【高雄85大樓】
ネーミングが分かりやすい。
ちなみに看板はビル内のホテルのですなのですな。

20181013AR.jpg
↑これは泊まっているホテルから撮影した高雄85。

しかし着いたのはいいが、入り口が分からん・・・・・・・
とりあえず受付っぽいカウンターを訪ねてみると、なにやら呆れ顔
こちらオフィスの受付みたいで「またか」のような感じで展望台への受付を説明してくれた。
結構間違えてコッチに来る客が多いみたいね。

受付を済ませ高速エレベーターで即上昇。おいでませ74階(展望室)。
20181013AS.jpg

20181013AT.jpg
おお、これが高雄さんの夜景か。バカメ(違

20181013AU.jpg
はっ、高雄さん!(違
これ、展望室にあった広告なんだけど何じゃろか?
もしかして高雄85スカイタワービルの擬人化か?
や・・・・やっぱり高雄さんなのかかかk?(違


そんな謎を抱えたままホテルに帰還。
そーいえばカキ氷を食べただけで晩飯食ってないぞ。
20181013AV.jpg
レストランもラストオーダーの時間だったので、結局豪勢にルームサービスを頼んで遅い晩飯。
ハンバーガーとワンタンスープみたいな料理で米台合同演習感!(謎

しかしまだ23時前だったのに眠い・・・・・・・
あぁ、そうか、時差があるから日本でいったらもう0時前なのね。
おやすみなさい。




ここからは帰国後(つかこのブログUP当日だが)気付いたお話。
タクシーを呼ぶために入ったコンビニの陳列商品をよ~~~~~~く見てみると・・・・・・
20181013AW.jpg
「浪味仙」
なんじゃこりゃ!wwww
遂に台湾で初めて「味仙」というワードを発見した。
しっかしこのパッケージの天使だか味仙神(knk)だか分からんキャラは何だ?
気になるので誰か今すぐ台湾行って買ってきて←
  1. 2018/10/13(土) 18:13:34|
  2. 同人
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<台湾イベント&旅行記【DAY-2】 | ホーム | 両次元秋刀魚祭作戦>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://redobikiur.blog36.fc2.com/tb.php/432-d825a1d7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)