FC2ブログ

レドビキ・UR Blog

同人サークル「レドビキ・UR」うらじーのBlogです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ヤポンスキーの新兵器だぞ

こんばんは、うらじーです。
先日6年振りに陸上自衛隊総合火力演習(総火演)に行ってきました。
20180827A.jpg
26日の『本番』ではなく『予行』です。

↓6年前のレポはこちら
【2012年8月26日 ヤポンスキーの新型戦車だぞ】
http://redobikiur.blog36.fc2.com/blog-entry-258.html

開催一週間前に舞い込んできた予行のチケット。
20180827B.jpg
チケットを譲ってくれた某氏に感謝です。ありがとうございます。
タイトルのように今年の目玉は16式機動戦闘車の射撃を含む演習参加。
「これが輪装車の射撃か!?」と思わせるビックリな安定射撃を披露していました。
いやはや、いいもの見れてラッキーでした。
代わりに今年から74式戦車がラインナップから外れ、ちょっと寂しい気持ちもありました。

今回初めて一眼&望遠レンズを持って見学に行きました。
6年前コンデジで撮影をしていましたが連写や遠方の撮影に大苦戦した思い出が・・・・・
腕は無いけどカメラの性能のおかげで撮れた写真をご紹介。
20180827C.jpg

20180827D.jpg

20180827E.jpg

20180827F.jpg

20180827G.jpg

20180827H.jpg

20180827I.jpg

20180827J.jpg

20180827K.jpg

20180827L.jpg

20180827M.jpg

20180827N.jpg

20180827O.jpg

20180827P.jpg

20180827Q.jpg

20180827R.jpg

20180827S.jpg

20180827T.jpg

20180827U.jpg

20180827V.jpg

20180827W.jpg
今回の撮影目標として「発射炎」「発射した砲弾の姿」の写真を収める為、連写での撮影をしまくっていました。
なかなか迫力ある瞬間が撮影できたので個人的に満足しています。
それでも上手く撮影できたのは数えるほど。やっぱり難しいネ。

望遠レンズのおかげでコンデジでは比べようにならないぐらい鮮明な写真を撮ることができました。
特に隊員達の表情がわかるぐらいの写真は「現場のリアル」さが伝わってきます。

逆に失敗もありまして。
1つは持っていったレンズが150-500mmと17-50mmで、
その中間を撮れるレンズを持っていかなかったのが致命傷。
想定では観客席後方からの撮影になると思いこれらのレンズをチョイス
したのですが、行ってみれば最前列から数列後方の席だったという。
車両が入退場で前方を走るとフレームにいっぱいいっぱいなんですよねw
色々と想定していないとダメですねー。

それに関連して撮影場所。
いくら最前列から数列後方とはいえ、どうしても前列の人の頭が入ってしまうので
そこを避けながらの撮影になってしまうのが辛いトコロ。
望遠レンズを使っている手前、あまりダイナミックな動きをしながらの撮影も
周りに迷惑になるので、その辺りは自重しながら動かないといけませんしね。
コレに関しては始発バスで入場すれば最前列(もしくは2~3列目席)を
狙えそうなので次回検討してみます。流石に本番日は厳しいでしょうが。

途中、台風の影響からか強い雨が降ったりと天候は良くありませんでした。
ただ富士WECのレース観戦で揃えた雨具やノウハウが活きてそれなりに対処はできたカタチとなりました。
もちろんレース観戦と演習見学とでは違った場面もあるので、全て上手くいった訳でなく
要改善な箇所もありました。次回以降に活かしたいですね。
・・・・・次回のチャンスがいつくるかどうか分からんけどw


これでうらじーの平成最後の夏はおしまいおしまい。
  1. 2018/08/28(火) 19:12:25|
  2. ミリタリー・サバゲー関連
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<秋の砲雷撃戦情報 | ホーム | 【夏コミ】夏のひと時【レポ】>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://redobikiur.blog36.fc2.com/tb.php/427-8eca3809
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。