レドビキ・UR Blog

同人サークル「レドビキ・UR」うらじーのBlogです。

去年の反省と今年の抱負

あけましておめでとうございます。うらじーです。

まずは冬コミに参加された皆様、お疲れ様でした。
『レドビキ・UR』へお越しくださった皆様、ありがとうございました。
冬コミ遠征の日記は近日中にHPへ掲載しますのでお待ちください&お楽しみに。

今回は新年1発目のブログということで、去年の反省と今年の抱負を書きたいと思います。

■■■昨年の感想と反省■■■
【参加イベント】
4月  COMIC1
5月  ふたけっと
8月  夏コミ
9月  こみトレ
10月 ふたけっと
10月 サンクリ
12月 冬コミ


【発行誌(オフセット)】
4月  「LiveForever ver.B」
8月  「LiveForever ver.C」
9月  「LTTLEWONDER2013summer」
12月 「LiveForever」


ここ近年で最も多くイベントに参加した年ではないでしょうか。
2012年に引き続き2013年も自ら直接イベントへ足を運び、
様々なイベントを肌で感じることができて良い経験になりました。
その中でも大きかったのは夏・冬の両コミケの参加でしょう。
同人活動で初の夏・冬の連続参加(連続当選)で最高の年でした。
7つのイベント参加で少々過密な感じはしますが、例年は不確定なコミケも
参加することができたので、これはこれで適度な参加数だったと思っています。

発行したオフセット本は4冊。
ただし9月の「LITTLE~」は昔のコピー本のリメイクでしたので
ここで正式な新規オフセット本として扱うのは除外。
そうなると3冊で昨年掲げた『4・8・12月の3イベントで新刊発行』という目標は達成できたことになります。
ただ厳しく見るならば、8月の「LiveForever ver.C」は5月のふたけっとでのコピー本に
修正・追加ページを加えた作品だったので「完全初発表作品」としては些か引っかかりがあります。
逆に4月「LiveForever ver.B」、12月「LiveForever」は正真正銘のイベント新刊。
発行時に自分の技量をフルに使った作品だと自負しております。

イベントと発行ペースを照らし合わせて見てみると夏~秋に少々ペースダウンしてしまったのが明白です。
「暑がりで夏場に弱いうらじーさん」という季節的な言い訳をするのはダメなので、
単純に日々の緊張・努力が切れてしまったのが敗因です。反省。

総評としては2012年と比べて雲泥の差があるほど内容の濃い活動ができましたし、
掲げた目標も達成できたと思います。
では「2013年自体は合格点か?」と言われれば、わずかに合格点に届かなかった所かと。
夏~秋も安定した発行・活動ができていれば合格点を付けていたでしょう。


■■■今年の抱負と目標■■■
【1.日常としての作業を進める】
まず1つ目としてこの目標を掲げます。

誤解を恐れずに書きますが、作品を見る側(同人イベントで言えば“書い手”)にとっては
作家のそれまでの制作経緯や苦労など、正直どうでもいいのです。
見る側が事前に作家に依頼をして作品を作らせている訳ではないですし、
作品を「買う・買わない・読む・読まない」は見る側の自由です。
その作家の大ファンで日々の動向が気になる人なら別ですが大半はどうでもいいのです。

要は結果(出来上がった作品)が全てなのです。
見る側にとっては、作家が1日で仕上げた作品でも面白ければ良い作品ですし、
1年掛けてじっくり仕上げた作品でもツマらなければどうでもいい作品です。
そりゃあ短時間でパパッと見栄えの良い作品が簡単に作り上げられるなら楽ですし、
更に多くの作品に手を回すこともできます。

でも現実的にはそれが出来れば苦労しない・そんな上手くいくのは極々一部の部類の人だけですw
結局悔しいかな、技量・才能がないなら時間をかけて切磋琢磨・毎日マメに制作をしていかないといけません。
そんな同人誌制作やお絵描きを「日常生活での息を吸うような物」にしたいのです。
自然に日々の行為として1年間活動に費やしていきたいと思います。

同人活動、もっと広く言えばお絵描きは趣味の世界とはいえ、せっかくなら皆さんに
楽しんでもらえる作品を提供していきたいと日々思っています。
もちろん継続して4月COMIC1・8月夏コミ・12月冬コミで新刊3冊を発行する目標は同じ。
当然発行時に自分の技量をフルに使った作品を発行します。

【2.絵の手法を変える】
そしてもう1つの大きな目標がコレです。
今回の冬コミ・・・・・というか、ここ最近感じているのですが、どうも自分の絵の受けが悪いという事です。
実際今回の冬コミの反応・売り上げは「コミケ」というビッグイベントとして見ると
かなり悪い結果だったと言ってもいいでしょう。
正直、数年前の方がまだ結果は良かったかと思います。

「自分の信じる道を進むのみ」で描き続けていけば良いのですが、
やはり発表している以上、沢山の人に見てもらいたいのが心情です。
嫉妬心丸出しで申し訳ないのですが、自分より技術的には明らかに劣っている絵なのに、
注目されているの作品・作家さんを見ると悔しく感じます。
よくよく分析(?)してみると大抵、その絵というのはキャラの「可愛さ」「美しさ」が高いものが多いです。
言い方は悪いかもしれませんが、良い意味で「媚びている絵」なのです。
ぶっちゃけ自分の描いているキャラを可愛くないとは思っていませんが、
ここまでくると、正直他の人と感性がズレていると思わざるを得ないのです。

そこで今年は絵柄を積極的に弄っていく方向で考えています。
同時に描き方の手法も色々と試していこうと思っています。
これらは確信があっての事でもないですし、作業も手探りの研究で
やっていくしかないので、ハッキリ言って結果がどうなるかは分かりません。
もしかしたら今以上に酷い結果になるかもしれませんが、このまま停滞するのも嫌ですし、
積極的に「攻め」の姿勢で進めていきたいと思います。
とりあえず今月の『こみトレ23』での新刊から徐々にですが、弄っていこうと思っています。


なんだか偉そうなことを書いたりしてきましたが、うらじー本人は見ての通りのペーペーな同人絵描きです。
でも絵が上手い人も下手な人も“上”を目指したいという気持ちは必ずしもあると思います。
別趣味で車のカスタムをやっていて分かるのですが、見てもらえるというのは趣味のモチベーションに大きく影響します。
そのモチベーション維持の為にも、更に上の領域を目指して今年は精進していこうと思います。
今年もサークル『レドビキ・UR』共々、よろしくお願いします。



【追記】
あとここで報告するのも変なのですが某SNSの日記更新等は2013年一杯で終了させました。
今後は一切更新しないつもりです。理由は某SNSの活用性がほぼ無いと判断したからです。
加えて某SNSから、こちらのブログへの日記リンクを貼る考えもまったくありません。
ただし他の人の日記観覧は今後もしますし、コミュニティ関連は今でも使い勝手が良いと
思っていますので、そちらは必要に応じて使っていきます。
以上、よろしくお願いします。
  1. 2014/01/02(木) 21:25:01|
  2. 同人
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<こみトレ23情報 | ホーム | 冬コミ情報>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://redobikiur.blog36.fc2.com/tb.php/321-0a926fd8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)