FC2ブログ

レドビキ・UR Blog

同人サークル「レドビキ・UR」うらじーのBlogです。

新たなる相棒来たる

こんばんは。うらじーです。
届きましたよ、新しいレーザープリンターが。うひょー!

前機種のLP-V1000の予備トナーがあったので、互換が利くS1100(実質V1000の後継機)に
しようかと考えましたが、ステップアップ的な意味合いも踏まえて1ランク上の機種を
選考することにしました。

その選考に関して2つの条件があります。

【1】B4以上の用紙印刷可能なモデル
これはコピー本を作成する為に最重要条件。
両面印刷ならB5用紙で問題ありませんが、厚めの用紙(裏写り防止の為)の
確保の手間やそのコストを考えると、手軽に入手できるB4用紙の方が楽。
そうなると必然的にA4モデルは除外。A3モデルになります。

【2】設置スペース内に置けるモデル
今年の冬に行った大規模な大掃除&大片付けでプリンター置き場は確立済み。
今後大幅に置き場スペースの拡大・見直しはしないので、そこに置ける大きさの
モデルでなければ選考対象から除外。
一瞬「カラーレーザー」という選択も考えましたが、どのモデルもそれなりの
サイズで今の置き場では厳しい。
でもよくよく考えてみると、それほどカラーにこだわる必要もなかったので却下。
じゃあ考えるなよ←

以上の条件で、選んだのがLP-S3200
20130517.jpg
あ、メーカーは元からエプソン1社で考えてました。


試し刷りを数枚してみて、とりあえずそのレビューを。
●印刷速度が速い
V1000の17枚/分に対して、S3200は32枚/分。
印刷速度は約2倍近くにUP。数枚印刷するだけなら、それ程気にはなりませんが、
コピー本を印刷する際は大きく影響しそうです。

●印刷がキレイ
解像度が600×600dpiから1200×1200dpiにアップ。
トーン模様もきめ細かく表現されるようになりました。

●作動音が静か
カタログ値の作動音は50dB(V1000)・53dB(S3200)なのですが
感覚的にはS3200の方が静かに聞こえます。
もしかしたらV1000で聞こえてた高音が幾らか消えた為かもしれません。
音的にはS3200の方がスマートに聞こえます。

●機器本体(外装)のクオリティが高い
実はV1000と比べて一番大きな感動があったのがここだったりします。
V1000は手差しトレイの開閉が『バキッ!ガチャッ!』な無理矢理感一杯で
「外装パーツが割れるんじゃないか?」と、いつもヒヤヒヤしてました。
S3200ではそんなこともなく、トレイを初め開閉する箇所はスムーズに動きます。
なんか大衆車と高級車のトレイと通ずるものがありますわw


S3200の方が上位機種なので、総じてこの差は当たり前と言ってしまえば
当たり前かもしれませんが、カタログで示している耐久性(製品寿命)が
V1000の倍なので、価格からしたらほぼ同等。
その他の性能を考えると結構お得なのかもしれません。

今後の活躍に期待したいです。
  1. 2013/05/17(金) 19:15:13|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ミミミミガー2013 | ホーム | 尊い犠牲>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://redobikiur.blog36.fc2.com/tb.php/299-2a005e6f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)