FC2ブログ

レドビキ・UR Blog

同人サークル「レドビキ・UR」うらじーのBlogです。

サークルとしての自覚

COMIC1お疲れ様でした。
20130430.jpg
イベント前日入りしてアキバ探索、当日のコミ1とチラ見のドールズパーティー、
そして夜はマジ味仙オフ(イベント終了後、すぐ新幹線で名古屋へ帰りました)でした。

本来なら当日の詳細を書きこんだ日記やスペシャル日記をUPしようかと考えていたのですが、
どうも今回はそんな気分になれなかったので見送りました。ごめんなさい。


その原因、COMIC1でのサークルとしての立ち振る舞いに関してです。
いつのも如く、mixi等でお世話になっている友人さんが多数サークルへ訪ねて来てくれました。
それは非常にありがたいことで、自分も嬉しく思っています。
しかしサークルの前で友人さん数人“壁”になって話し込んでしまったのが問題。
しかもかなり長時間に渡ってダラダラと・・・・・・・
当然サークルの前に“壁”が出来てしまえば後から来るお客様(本来同人イベントでは「お客」ではなく
「参加者」と表記するのが正当ですが、あえて「お客」と表記させてもらいます)は本を取ることはおろか、
展示してある本を確認することさえ困難になります。
販売物が全て完売して、片付けた後で屯って皆と話しているならいざ知らず、
この状態ではサークル自らが「イベントにおけるサークル参加を放棄している」
お客様に判断されてもおかしくないと思います。

もちろん自分のサークル以外にも隣りのサークル様にも迷惑が掛かったかと思います。
隣りのサークル様のスペースへのはみ出しは注視していたので、その心配は無かったと思いますが、
それでも長時間スペース前の近くで話し込んでいては気分のいいものではありません。


ウチのサークル「レドビキ・UR」ですが、COMIC1を含め他の同人イベントに参加した際、
通常でも売り上げ数は大したことはありません。
しかし今回はその中でも最低クラスな結果の売り上げ数でした。
もちろん売れる・売れないは同人誌の内容での魅力云々な原因もありますが、
今回は明らかに“壁”のせいで売り上げが響いたのは間違いありません。
ドピコクラスのサークルだと、販売のゴールデンタイムはお客様が大手・中手の人気サークルを
回りきった後です。午後からが勝負といったところでしょうか。
そんな勝負時間に“壁”を作ってお客様を遮断していては、売れるどころ騒ぎではありません。
売り上げ数も当然ながら、今回は本を手に取ってくれたお客様の数が極端に少なかったことは明白でした。

ここで勘違いされるといけないので言いますが、スペースの前で話し込んでいた友人さんは悪くありません。
サークル参加者なら、ある程度の機を見計らって「散らす」なり個人的に場所を移動して話すなりすれば
よいのです。調子こいて話し込んでいた自分が全面的に悪い訳です。

今回のCOMIC1ではサークル参加者としての自覚の無さが招いた失敗劇でした。
レドビキ・URへ来る予定・可能性のあったお客様、訪ねて来てくれた友人さん、
隣りのサークル様、全ての方々にお詫び申し上げます。
本当にすみませんでした。


約1週間後に『ふたけっと9』が控えています。
今回の件の反省を生かしたサークルの立ち振る舞いを心掛けます。
  1. 2013/04/30(火) 08:11:43|
  2. 同人
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ふたけっと新刊情報 | ホーム | コミ1新刊情報>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://redobikiur.blog36.fc2.com/tb.php/295-42144f70
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)