レドビキ・UR Blog

同人サークル「レドビキ・UR」うらじーのBlogです。

台湾イベント&旅行記【DAY-0】

こんばんは、うらじーです。

すでに1ヶ月以上が経過してしまってナニですが台湾イベントレポ&旅行記です。
久々に結構な長文となってしまったので、今後数回に分けての掲載します。
まずは出発前の序章(?)をお送りします。はりきってどうぞ(司会者風味


隣国台湾・・・・・・
20180708a.jpg
うらじーといえば「マジ味仙」のイメージを持つ方もいるでしょう。
味仙好きと言われても否定はしないが、不本意ではある。よくワカラン存在なマジ味仙。
そんなマジ味仙メンバーと何年も前から
「台湾行きたいねー」
「おぅ、マジ味仙(応答の意)」

という台湾旅行へのおぼろげな話はあった訳ですよ。

台湾ラーメンの本場、台湾へ行って本当の台湾ラーメンを探す旅。そんな計画。
20180708b.jpg
(台湾ラーメンとは名古屋発祥のローカル料理であり、実際台湾には存在しません。知ってるよね?w)
毎年定期的に話題に上がるものの、それぞれのメンツの都合もあり現実には至らず・・・・・

時は経ち2018年
「こうなったら自分1人で行くしかねえ!」
そう思ったのが年明け(正確な日時は失念
キッカケはいつも参加している同人イベント『砲雷撃戦!よーい!』の台湾・高雄でのイベント開催。
(実は2年前にも台湾開催時に参加計画はしたけど頓挫したりしてた)
うらじー自身、観光地を回るような旅行をする柄でもなく、
なにかイベント事を絡めていくのが常だったので、これは好機だった訳ですよ。

とにかく“ちょっとした”キッカケさえあれば良し。
行くぞ台湾。
台湾旅行へのノウハウは買ったガイドブック(年度別に3冊所有)が火を噴くぜ!
海外旅行Lv.1の自分1人でも台湾なら大丈夫でしょ?
1-1ぐらいでしょ?(慢心


【出発準備】
荷物内容はいつものコミケ遠征とさほど変わらない感じ。
違う持ち物としては海外対応のレンタルWi-fiとパスポートぐらい。

弱小サークル()なのでそんなに数は多くないが在庫同人誌をカバンに詰めると
結構な重量&スペースを取るのが少々ネックと言えばネック。
事前に台湾のホテル等に郵送便で送れば楽なのだが、イマイチ手続きの仕方が
分からなかったのと、ミスって当日届かないとなったら目も当てられないので
今回は安全第一で自分で持っていくことを選択。
基本的に出かけると行きより帰りのほうが荷物が増える法則があるので、
予備として小さめのロシアン軍用リュックを持っていくことに。

このように今回の旅行は「イベント参加」が大前提。
当然イベント合わせの新刊や真新しい何かを作って参加したいトコロだが・・・・・・・
結局新刊完成まで持っていけず大破轟沈orz
大和遊園地本、半年以上の遅れだぞ・・・・・ダメ同人作家兼業提督だ。
中途半端な出来だがプレビュー版としてとりあえず入稿。

しかし新刊作業よりも大変な作業がありました。
「翻訳」
外国で本を売りに行く訳だから出来れば現地の方に読みやすい翻訳を
用意していきたいと思うのは至極当然の考え・・・・・だよね?

展開として頒布の際に一緒に付ける「翻訳ペーパー」と、
本のフキダシに直接翻訳の写植シールを貼り付けた「翻訳見本誌」の2つを作成。
いざ作ってみるとこれがクッソ面倒な作業と判明。
同人誌からフキダシを拾って翻訳サイトで繁体字に変換→それを文面化。
(細かい事は割愛しますが中国語でも台湾は繁体字・中国は簡体字)
この繰り返しが地味に大変で、艦これのレベリング周回の方が遥かに楽しい。
・・・・・・比較がおかしいが、アレはアレで地味に大変なんやで←
見本誌への写植シール作りも、それぞれのフキダシにある程度合うサイズで
作らないといけないのでシール用紙に訳文打込み&調整やらでコレも地味面倒。
キィキィ!(精神が耐えられず発狂
20180708c.jpg
そんな精神状態で作ったので「所々シールのサイズ全然合ってないやん」な箇所もあるが、見逃して欲しい。
かれこれ丸3日の作業。
「ほぼ1日をフルに使って」の丸3日。
死ぬ。
いや死んだ。
※幸いなことに出発前日徹夜にはならなかったので良しとして。

この作業に関して心配だったのは翻訳サイトに文字をブチ込んだだけなので、
正直「これで本当に台湾人に通じるのか?」という疑問。
しかしこれが正解か否かの確認はしようがない。
マジ味仙とか言っているワリに台湾人の知人友人フレンズの1人もいない体たらくっぷり。
悔しい!
とにもかくにも現状で出来る限りの対策を施した。
  1. 2018/07/08(日) 21:06:49|
  2. 同人
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0