レドビキ・UR Blog

同人サークル「レドビキ・UR」うらじーのBlogです。

ものども、あれこそが瑞雲の祭りよ!

こんばんは、うらじーです。
先週の土曜日に富士急ハイランドへ行ってきました。

もちろん目的はリアルサイズ瑞雲を見る為にです。
20170703A.jpg
「艦これ」鎮守府瑞雲祭りin富士急ハイランド泊地

「瑞雲祭り」とか意味不明過ぎてワケワカメちゃん(ツッコミが追いつきません
とにかく瑞雲を見てくれぇ~!(cv超兄貴
20170703B.jpg

20170703C.jpg

20170703D.jpg

20170703E.jpg

実際にリアルサイズ瑞雲作っちゃうとかビックリですよ。
発端は4月のエイプリルフールで運営が「1/1瑞雲作ってるよ~」とツイート。
大半の提督は「HAHAHAご冗談を」で流していましたが、
過去を遡ると運営はエイプリルフールで1度も嘘はついていないという現実が。

5月の某ホビーショーで実物のパーツが展示され度肝を抜かれました。
★本当に作ってました★
「うわぁ・・・・・」
展示が1部パーツのみだったので完成はもっと先かと思われましたが、
以外にも6月には完成・富士急でお披露目となりました。


マジマジと見た感想ですが、写真で見る以上にリアルで圧倒されます。
材質が何で出来ているのかは不明ですが(流石にこれだけの大きさなので
生半可な材質ではないでしょう)、「物質」としての重圧感はかなりのものでした。
塗装も限りなく“それっぽい”塗りがされていたり、塗装剥げも良い演出が出ていました。
ただ機械モノを扱っている人間からすると「使用感」が感じられないのですよね。
錆びた表面の微妙な浮きや、塗装では出せない油や水汚れ、熱からの煤けた跡など・・・・・・
こればっかりは使ってナンボなので再現は難しいでしょうが、
それでも本物の瑞雲(見たこと無いけどw)への再現度は最高級だと思いました。
マジ瑞雲(褒


あと個人的に気になるところで言えば
・いつから作り始めたか?
・何処で作ってたのか?
・瑞雲祭り終了後は?

の3つ。

この手の大物を作るには少なくとも1年以上前からは準備を
していたのではないでしょうか?そんなヒョイヒョイと作れる訳ないですからね。
いつ廃るか分からないソシャゲ界でそこまで長期的な計画を通すのは
なかなか出来ないと思いますが、運営(角川かな?)の英断に感服します。

制作場所ですが、そこそこ広い工場(?)で且つ外部に情報が漏れない
施設でないとダメでしょう。実際作っているのが全然分からなかった訳ですし。
もしかしたら御殿場に近いのでレース屋さんのファクトリーで作っていたのかも?と想像。
運搬にも近場のほうがいいだろうし。
それでも準ワークス張れるぐらいの大きなファクトリーをもっている所じゃないと
瑞雲入らないだろうし、そこまでの規模だと数は限られるだろうし・・・・・う~ん。
案外中小企業の町工場かもしれない。
この辺りの制作ストーリーも後々運営から語られることを期待します。

あとイベント終了後の瑞雲の扱いはどうなるか?
流石にこれだけのモノを1ヵ月半展示しただけで壊すのは勿体無い気もします。
どこかに寄贈でもするのか?
61式戦車のように角川映画で使ったりしたりしてw
(まだ角川61式は現存しているみたいですね)


さて今回の富士急ハイランド行きですが、ホント突発中の突発。
朝の仕事をしてから出発、夕方の仕事までに帰ってきたので
現地滞在時間は正味1時間程でした。

なんで突発で行ったのか?
一応ステージイベント開催時を狙って行きたいのですが、
「必ず行けるかどうかといったら完全なる未確定」というのが現状。
仕事の都合だったり、夏コミ原稿の完成具合だったりetc

ただ「どうしても最低限瑞雲だけは見たい」と思っていたので、
今回の突発行動になりました。ホント、保険的な意味合いですね。

しかし、あまりに突発だったのでツイッターのTLを見る暇もなく、
現地に舞桜のIさんが居たのに気付かなかったのが不覚中の不覚orz
月末ラストに行けるといいなぁ・・・・・・・
まずは原稿ですな←

富士急のHigh Horse Ladyさん
20170703F.jpg
「頭にきました」●asis解散
  1. 2017/07/03(月) 19:29:58|
  2. 艦これイベントetc
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0