FC2ブログ

レドビキ・UR Blog

同人サークル「レドビキ・UR」うらじーのBlogです。

昨年の反省と今年の抱負

こんばんは、うらじーです。
年の初めから色々と書く事が多くて今月5度目の記事です。
多分これでラストなので、暫くは更新は無い・・・・・・かな?

今回は毎年恒例の昨年の反省&今年の抱負です。

【15年参加イベント】
5月  COMIC1
5月  ふたけっと
8月  夏コミ
9月  こみっくトレジャー
11月 ふたけっと
12月 冬コミ(1日目&2日目委託)

イベントは直接参加が5回、委託で2回。
参加数に関しては多くも無く、少なくも無くといった所でしょうか。
その中でも夏コミにサークル参加できて、うれしいうれしい(CV時津風
冬コミは2日間に渡って委託してもらえたので大助かりでした。感謝感謝。

今年のイベントに関してですが、COMIC1の申し込みはしません。
理由は昨年のブログに書いた通りで、自分の中でのイベントのメリットが薄いからです。
「実績・実力云々は置いておいて」ってのは完全に逃げ言葉になるのですが、
それでもあそこまで反応が薄すぎるのでは時間の無駄と判断しました。

夏冬のコミケ、春秋のふたけ、夏のこみトレは例年と変わらず申し込む予定。
14年は艦これオンリーにも参加していましたが去年は無し。
これはスケジュール的な問題で申し込みしませんでした。
なのでスケジュールさえ合えば、今年は艦これオンリーに参加したいですね。


【15年発行誌(オフセット)】
5月  ふたなり愛宕と一緒に、毎日変わらずに過ごすんだ
8月  LiveForever ver.D
11月 永遠にふたなり高雄と自由になるんだ
12月 Dream On 

次に新刊。発行は4冊。
14年の目標「年3冊発行・内1冊はオリジナル」はクリアしました。
が、冊数だけなら合格ですが「LiveForever ver.D」以外はイラストが
メインの本だったので厳密には不合格とします。

これは別にイラスト本を否定する意味ではありません。
自分の同人活動の考え方の一つとして「マンガを描いて発表する」というものがあります。
なので、あくまでマンガがメインでありイラスト本はその補助、もしくはオマケの立ち居地です。
(仮に“ちゃんとしたイラスト本”を発行するなら、もっとページ数を稼ぎます)


今年の目標としては

新刊3冊以上発行(いずれもマンガメインの本)
内1冊健全本発行


こんな感じで。

ジャンルは引き続き艦これ、オリジナルの「LiveForever」シリーズの予定。
余裕があればまったく違うオリジナル設定でふたなり本や女装っ娘本とかも作ってみたいですねぇ。
一応、頭の中に構想はありますが、描けるかな?w


今年もレドビキ・URをよろしくお願いします。
  1. 2016/01/19(火) 20:23:41|
  2. 同人
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

冬コミ遠征レポ【結構長文】

こんばんは、うらじーです。

まず2016年1月6日『冬コミ新刊問題の件・新刊交換受付』の記事の
続報ですが、新印刷ver.が先日届きました。
20160115A.jpg
【左:旧ver.  右:新ver.】
表紙の胸元の色問題は解決、全体的に色が濃くなった感じで元絵に近いイメージになりました。

20160115B.jpg
本文の謎模様問題も解決しました。
ただ逆に重ね貼りしたトーン部分にモアレが発生してしまいました。
これは印刷の問題でなく、自分の原稿作業上の問題です。
なので今後はモアレを発生させないトーン処理を研究して解決させたいです。

こちらの冬コミ新刊『Dream On』はとらのあな様にて販売中ですので、
興味のある方はどうぞお願いします。
http://www.toranoana.jp/mailorder/article/04/0030/37/59/040030375986.html?circle_new


さて、今回の記事の本題冬コミ遠征レポです。
色々あって冬コミ終了から2週間も経過していますが、そこは許してちょんまげ(古典

今回は3日間サークルのお手伝いをした冬コミでした。
ここで自分のサークルが入っていれば最高なのですが、
まぁそれは今更愚痴っても仕方無いので・・・・・・・
まぁ、ホラ、夏はサークル参加できたしさ、うんうん(軽く白目
兎にも角にも全日お手伝いはコミケ人生で初めての経験ですわ。

■1日目■
前日夜に自宅を出発し、朝方都内入り。
20160115C.jpg
少々トラブルがあったものの、無事サークル入場できて設営。

20160115D.jpg
1日目は『Schnee Bitte Kristall』様のサークルでお手伝い。
コピー本新刊「LITTLEWONDER2015winter」を委託させてもらいました。
まさかまさかのレドビキ・UR初の十六夜咲夜サンの東方project本。
かなり突発的な作りとなりましたが、出来上がりは個人的には満足してますですヨ。

正直あまり東方に関して知識はありません。
そんなんで本を作るのも如何なものかと思ったりもします。
東方警察に射殺されても文句は言えません。
でもその反面、キャラのビジュアルの魅力のみで原稿を作成したので
変なしがらみが無かったのでノビノビと描けたのも事実です。
作品を作る上で、そんなキッカケでもいいじゃない?

ちなみに健全本だったのは委託するスペース周りの雰囲気を察したからです。
(健全ごち●さゾーンでふたなりお●んぽ本とか置く勇気無いよwww)

代表のSchneeさん・・・・・というか軍曹さん(こっちの方が言いやすいw)とは
痛車方面で知り合った仲ですが、まさかこの様なカタチで同人イベントでご一緒に
なろうとは、・・・・・・・人生はどうなるかわからないぜ!(某歌詞より

この日は軽くHK組長に怒られて(もちろん原因は同人誌の内容)てホテルへ帰還。
ホント、オコリーなんだから組長。


■2日目■
この日は艦これ島で『どんきんだぁなっつ』様のサークルでお手伝い。
20160115E.jpg
新刊『Dream On』を委託させてもらいました。
最近“自分の周り”でやけに競泳水着ネタを見るようになったせいもあって
この本を作るキッカケとなりました。競泳水着と陸奥お姉さんイイヨネ。

元は先月発行したコピー本でベースは出来上がっているので
よい機会と思い、内外色々と新手法を試してみました。
「外」で言えばブラシツールでの影表現だったり、精液描写を変えてみたり・・・・
「内」は作業の効率化や、使ったことのないツールを使ったりと・・・・・・
それが100%原因ではないですが、自分の意図しない形で製本されてしまい(上記参照)、
少々残念な結果になりました。まぁ、勉強にもなりました。

代表の武さんですが、自分が同人活動を始めた頃から知っている方なんですヨ。
その時は1ファンに過ぎなかったのですが、こうして本を委託して頂ける
機会に恵まれるなんて、不思議な感じです。人生はどうなるk(ry

そんなお互いの同人活動の昔話をしながらの焼肉打ち上げは楽しかったですw
20160115F.jpg
アルバt(謎の発言)。

1日目・2日目とウチの本を委託して頂き、御二方には感謝です。
ありがとうございました。


■3日目■
2015年のラストを飾るのが「マジ味仙」とか・・・・・なんなんw
20160115G.jpg
一応、本の作成に関わってきた身としては責任(?)がありますので、
売り子のお手伝いを「真面目っぽく不真面目」にしてきました。

今回の新刊「マジ味仙完」でとりあえず最終号となりました。
理由は「ネタ切れ」。ワリと冗談でなく本当にw
でも正直な所、4年もよく続いたと思っています。

個人的に「マジ味仙だからそれに準じたネタを書けばいいのだけど、コミケで一般販売する以上、
マジ味仙ネタ寄りにウエイトを置いてはいけない」
と思ってます。
これ、自分が担当したページ全てで気をつけている点でした。
身内ネタ満載ならコミケでなく、痛車イベントや身内配りでいいもんね。

名前は出していませんが、前回に引き続き「マジ味仙ミッドナイト」を描きましたが、
今回ちょっとマジ味仙ネタ寄りになってしまったかと反省しています。
登場人物はともかく、内容的にはマジ味仙ネタは3割ぐらいで丁度いいんです。

イベント最中ですが、いつものように友人・身内と一般で半々で売れていく感じ。
今回は過去3種類のマジ味仙本を再販して、計4種を販売。
グッズの帽子と特大杓文字は完売、本はトータルで8割ぐらい販売。
「1」が完売してそれ以外は売れ残り。まぁ「1」が一番売りやすいといえばそうなのかと。

売っている途中で気がついたのですが、4種の本が全て似たり寄ったりの表紙なので、
手に取ってくれる方が全部同じ本だと勘違いしてしまう事案が発生。
新刊の「完」ではなく他の本を1冊読んで立ち去る例が多々見受けられたので、
これは値札表示を各本に明確に出さなかったのが原因です。反省。

またポスターも上手く展示できなかったのが幸いして、あまり捌けず。
それ以前に、こちらはあまりに身内ネタなので一般には到底理解は無理でしたが・・・・・・

それでも最後のマジ味仙サークルとしては、程々に満足できる結果だったと思います。
朝の設営中に、
「あのサークル、またやってるよ」
と言われたのには笑いましたwww
結構、マジ味仙も浸透したのかしら?


■その他■
これで冬コミ3日間のレポは終了。
しかしオシッコ漏れる事件がホテルで起こりました。

いつも宿泊している某ホテルですが、今回も3泊の予定で予約。
ただ最終日だけ奮発してスイートを予約していました。
(29~30日の2泊はスタンダード、31日の1泊はスイート)

当然途中で部屋のチェンジを行わないといけないのですが、
チェックイン時にホテル側から提案が。
「通し(つまり同じ部屋で3泊)でご案内できる部屋があるのですが、如何でしょうか?」
その部屋ってのが・・・・・・
20160115H.jpg

20160115I.jpg
このホテル2番目に高いスイート!!!!!
(自分の予約したスイートは5番目で最下位)

2015年最大のビックリドッキリ事件。
ホテルのHPで「うわすげーなー、こんな部屋泊まれないよー」とか
夢を見るように眺めていた部屋が目の前に・・・・・・

条件として元々予約していた部屋代に幾らか追加金を加える、と
いうもでしたが正直ポンと出せるような金額でありません。
しかし3泊合計金額よりも、このスイートに通常価格で1泊するよりも全然安い金額。つか破格。
じゃあ泊まるしかねえ!!!!!!!!
多分、こんなチャンス2度と来ないかもしれないし・・・・・・

部屋の感想?
ただただ凄いの一言!
ホント、それしか言えない。

とりあえず呼べそうな人間を呼んで驚きと呆れをシェアw
20160115J.jpg
ピアノが弾けない概念knkのピアノソロ!

20160115K.jpg
でっかいTVでデレマス鑑賞の運搬車両P先生。

20160115L.jpg
懐かしのマジラグジュアリーの警備員Kとヒラ社員R。

20160115M.jpg
部屋から見える初日の出に遥拝。

素晴らしい経験ができました。
長いことこのホテルを贔屓にしていてヨカッター!

失敗としては日中はコミケに行っていて満喫できるのは夜~朝だけとかwwwww
もう一つ失敗は・・・・・・・まぁ、これは言うの止めておこう。次回は対策します(#謎


以上、冬コミ遠征のレポ&感想でした。
再びですが、自分のサークルで参加できていれば100点満点なのですが、
それでも非常に充実した冬コミ遠征だったと思います。
2015年?いい年だったよ、まったく。

冬コミに参加された皆様、お疲れ様でした。


今年もいい年でありますように。
20160115O.jpg
あ、まだ初詣行ってないや←
  1. 2016/01/15(金) 18:33:22|
  2. 同人
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

近所でサバゲ

こんばんは、うらじーです。
今回は先日のサバゲーのお話ですヨ。

昨年11月、久し振りのサバゲー復帰を果たした訳ですが、
「地元でもゲームがしてみたいなー」と考え出しました。
自宅から20分もかからない位置に小規模ながらサバゲーフィールドがあるので、
今回は自分が主催という形でサバゲーを企画・開催しました。

参加者は自分を含めて11人。
20160114A.jpg
近所のツレや、昔から同人方面でお世話になっている方々、
痛車乗りでの友人・知人らが参加してくれました。
皆さん、こんな片田舎にご足労頂きありがとうございます。
(特に痛車乗りの人は全員県外遠征組、片道4時間以上)

当日、晴天のサバゲー日和。
フィールドはかなり小規模な面積で対面30~40mぐらい。
バリケードがあるので、交戦距離はそれ以下。
なのでノーマル銃でも十分に渡り合えるフィールドです。

以下、行ったゲーム内容。
●無制限フルオート戦●
とにかく何の制限も無い無差別戦。撃ちまくり放題。
20160114B.jpg
しかしフィールド面積が狭いので弾のばら撒き合いになり動きが鈍く、膠着気味に。
復活戦(時間制限を設けて、何度でも復帰できるルール)もやってみましたが地獄絵図でした
(自陣地に帰って復活カウンター押した瞬間撃たれるとかw)

●セミオート戦●
フルオートを禁止したので、ゲーム内容に動きが出る。
ちゃんと狙わないと当たらないので、スナイピングが楽しい。
ここで長物系を楽しむならセミオート戦が最適かな。

●ハンドガン戦●
ローパワーなので、必然的に近距離戦になりセミオート戦から更に動き回ることになる。
20160114C.jpg

20160114D.jpg
実はこのハンドガン戦が一番楽しくて好評でした。
バリケードの配置も近いので、ちょっとしたCQBも味わえたり。

●うらじーコロス団戦●
関東遠征組が「うらじー(←本当は本名が入る)コロス団」を結成したらしく徒党を組んできた。
20160114E.jpg
↑こんなパッチまで作ってきやがってwwwwwwww

このゲームはうらじーに配下3人を選択、残り7人は全員コロス団の戦い。
うらじー側はフルオート可・コロス団はセミオートのみのルール。
結果は2戦ともうらじーD敗北orz
配下の皆が頑張ってくれましたが・・・・・・ホント、期待に応えられずゴメンナサイ。

何が悔しいかって、HK組長との撃ち合いで負けたのが一番悔しい。
HK組長「うらじーさん、隠れるのがヘタだよ、ププー」(一々、気に障る言葉で♨)
うるせぇ、組長に気を配って晒してやってんだよ!!!(と言う負け惜しみ)
この借りは次回のゲームか、
組長同人誌を作って返す!
(間違った復讐熱)

決して多くない参加人数、それほど広くないフィールド。
だけどこの内容で、もの凄く楽しいサバゲーが出来たと思ってます。
もちろん問題点もありましたが、次回以降に修正していこうと考えています。

今後も開催するにあたっては、自分のリアル仕事がネックになるのですが、
今回のサバゲで1日の段取りとスケジュールの確認が出来ました。
(近所なので仕事場で緊急があってもすぐ抜け出せるのが一番重要)
近日中に第2回の開催を計画しています。

参加された皆様、お疲れ様でした&ありがとうございました。


あ、そうそう今回の装備。
20160114F.jpg

なんちゃってSOBR仕様。
LCT PP-19-01(ZENITカスタム)
LSHZ-2DT(レプリカ)
Bars gorka-3
Korund-VM
6sh112
Splav ハーフグローブ・パッド


本当はTARZAN M32ベストを装備したかったのですが準備できませんでした←
次はどうしよっかな~?

【オマケ】
サバゲーの後に味仙に行くほどにエネルギッシュw
20160114G.jpg
  1. 2016/01/14(木) 21:12:19|
  2. ミリタリー・サバゲー関連
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

自分の中のデヴィッド・ボウイ

こんばんは、うらじーです。
本来だったら冬コミレポやサバゲレポを掲載する予定でしたが、
衝撃的なニュースが入ってきてしまったので、こちらを書くことにしました。

デヴィッド・ボウイ死去

11日の夕方、ツイッターでこの事実を知りました。
最初トレンドにデヴィッド・ボウイ(以下DB)の名前があったので、
「あれ?先日発売されたニューアルバムのことか?」と思ったら
まさかの訃報・・・・・・・絶句でした。
8日に69歳になったばかりなのに・・・・・・・早過ぎる。
「1つの時代が終わった」と思いました。


うらじーの大好きな海外アーティスト「OASIS」はHPのプロフや歌詞を痛車に
貼っていたので周りには認知されていたのですが、実は「OASIS」と同じぐらいに
DBも大好きなアーティストで、そちらは知らない方も多いかもしれません。
基本的に普段から聞いている曲も殆どはこのどちらかです。

DBを知ったのは「戦場のメリークリスマス」でもなく「Let’s Dance」でもなく「Ziggy Stardust」でもなく・・・・・・
1995年頃に買ったオムニバスCDに入っていた「Hallo Spaceboy」でした。
Pet Shop Boysとのリミックスでしたが、妙に惹かれるモノがあって
アルバム「Outside」を購入した記憶があります。
その直後アルバム「Earthling」が発売、即購入したのですがここで完全にやられました。

DBの音学史の中で「Earthling」辺りはちょっと路線が違うというか異質な存在だと思います。
でも自分の中でのDBのイメージはこの「Earthling」なんです。
特に「Little Wonder」のリズミカルな曲と伸びのある声は本当に素敵です。
当時はPVを見る機会がありませんでしたが、何年か後にDVDでPV集が発売され
「Little Wonder」のPVを見ましたが、そこで2度やられました。
20160113a.jpg
眼帯姿のDBのカッコよさ、映像後半の演出(早送りや、最後の操り人形の様な動き)の
コミカルさが魅力でした。

20160113b.jpg
DBを知るキッカケともなった「Hallo Spaceboy」PVも昔の映画映像(?)の
コラージュを使った演出も曲に合っていて観ていて飽きない。

20160113c.jpg
「Miracle Goodnight」のゴージャスさ・いくつもの映像をコマ単位で流す演出(エヴァのOPみたいなアレ)も
面白い手法だと思いましたね。それにしたってスーツ姿のこの貫禄といったら・・・・・

ぶっちゃけDBの歌唱力を言葉で上手く説明できないのが悔しいのですが、
少なくともこの時期90年代のちょい擦れ気味の声がいい感じなんですよ。

その後、DB絶頂期(と表現していいのかわからないけど)の60~80年代のアルバムを
聴き始め、すっかりDBの世界にハマっていきました。
「Ziggy Stardust」ライブを映像で観ると、グラムロックを感じることができます。

最近では3年前に久し振りに発表されたアルバム「The Next Day」。
一時、DB死亡説まで流れたりしましたが、このアルバム発売での復活は嬉しかったです。
そして先日発売された「★(ブラックスター)」。これからもDBの活躍が見れる・聴けると思った矢先の訃報・・・・・・

本当にショックでした。

個人的に思うのはDBは常に『新たなる発見』を与えてくれました。
新しいものが新しいのは当たり前なのですが、過去の物でも
それを知った時に自分にとっては最新なものな訳です。
知れば知るほどにDBの『新しい魅力』を得ることができました。
残念ながら今後DBの新作は発表されませんが、
これからも新しい発見ができると思っています。

デヴィッド・ボウイのご冥福をお祈りします。
  1. 2016/01/13(水) 20:46:06|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

冬コミ新刊問題の件・新刊交換受付

あけましておめでとうございます。
今年もサークル「レドビキ・UR」うらじーをよろしくお願いします。

冬コミお疲れ様でした。
レポートの方は次回のブログに掲載します。


今回は冬コミで発行した新刊同人誌の件です。
2日目に「どんきんだぁなっつ」様のサークルにて委託させてもらった
新刊『Dream On』ですが、いくつか問題がありました。

【表紙の問題点】
胸元の影になる部分の色が白ぼけてしまっています。
20160106a.jpg
また全体的に黄色が強いような色合いになっています。

【本文の問題点】
選択範囲で囲ったような跡(模様?)が出てしまっています。
20160106c.jpg
こちらは全ページ濃く出てしまっているものもあれば、薄くて見えないものもあります。

以上、元の絵(データ)とは掛け離れた印刷になっていました。
そこで先日、印刷屋さんへ出向きこれらの問題点の確認を取りました。
詳しい話は省略しますが(専門的な話なので)、主な原因としては印刷機の設定上の問題のようです。
その場で調整して試し刷りをしてもらいましたが、ほぼ問題は解消されていました。
「ほぼ」と書いたのは、100%印刷機だけの問題ではないという意味です。
自分の原稿の作り方にも少々原因があったようです。

印刷屋さんと協議した結果、再度印刷して新刊を発行することになりました。
印刷屋さんの誠意ある対応に頭が下がるばかりです。感謝します。


ですので冬コミ2日目に新刊を購入して頂いた方を対象に
再印刷した新ver.への交換をいたします。
交換方法は以下の2通りになります。

【1.レドビキ・UR参加イベントで直接の交換】
直接サークルにて新印刷ver.に交換いたします。
その際、旧ver.の新刊をお持ちいただいて交換するカタチになります。
現在の予定では最も近い参加イベントは5月のふたけっとになります。

【2.郵送での交換】
旧ver.の新刊を郵送して頂き、新印刷ver.へ交換・返送いたします。
送って頂いた際に発生した送料は同額の郵便切手同封の上、返送いたします。
郵送での交換をご希望の方はこのブログ下記にある拍手ボタンを押して頂き、
コメント欄へ「新刊交換希望」と明記の上、返信用メールアドレスをご記入ください。

拍手コメントは管理者のうらじー自身しか見れませんのでメールアドレスが
外部へ公開されることはありません。


お手数ですが、何卒よろしくお願いします。


印刷不備にも関わらず当日販売をしてしまい、新刊を購入して下さった方には
ご迷惑をおかけしました。本当に申し訳ございませんでした。
今後はこのようなことがないよう気を付けてまいります。

【補足】
以上の件により書店委託への納期が遅れております。
今週末には新ver.を納品できる手筈となっているので、それ以後の販売となります。
  1. 2016/01/06(水) 21:12:33|
  2. 同人
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1