FC2ブログ

レドビキ・UR Blog

同人サークル「レドビキ・UR」うらじーのBlogです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【冬コミ】冬はすぐそこ【焦れ】

こんばんは、うらじーです。

◎あなたのサークル「レドビキ・UR」は、
日曜日 西地区“つ”ブロック-03b に配置されました。

20181103a.jpg
有難い事に今回もスペースを頂けました。
ちょっと前までは落選が当たり前のように続くコミケでしたが
ここ1~2年は安定しています。神に感謝です。
だけど同時に落選の辛さも十分に分かっていますので、
今回落選されたサークルの方も気を落とし過ぎず頑張って下さい。

当たり前ですがスペースを頂けたという「スタート地点に立てた」だけなので
ここから如何によりよい作品を完成させられるかが重要です。
最近サークル参加(コミケ含む同人イベント全般)をするものの、
結果が振るわない状態が続いています。
それを打破できるような作品を作り上げたいと思っています。

新作はカットの通り『山城ダイハード(仮称)』です。
20181103b.jpg
(※本編はビッグサイトが舞台ではありませんw)
以前の大和ホテル本でダイハードネタをちょいちょい入れましたが
今回は完全なダイハードのパロディ本として話を作っています。
もちろん100%ストーリーそのまんまにはなりませんので・・・・・
山城の不幸をご期待下さいw

スペースのことですが記憶が確かなら自サークルでの西館配置は初めてじゃないですかね?
もちろんオンリー系で何度か西館会場だったのはありますがコミケは未知の領域。
ある意味、新鮮なコミケ参加になるかもしれません。
・・・・・・西東の移動が大変そうだけど(汗


ちなみに今回の冬コミでは裏コンバットコミックの新刊発行は無いとのことなので
自分のサークルの作品のみとなります(11月3日現在
スポンサーサイト
  1. 2018/11/03(土) 18:47:19|
  2. 同人
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

台湾イベント&旅行記【DAY-4】

こんばんは、うらじーです。

長かった旅行記もラストです。
この旅行記のテキスト自体、7月頃に大まかなカタチで書き上げていたのですが、
夏コミ原稿や諸事情モロモロで完成・掲載がこの10月になってしまいました。
今後は「記事の新鮮味」を保つためにも早め早めに作業を進めようと思います。反省。

【DAY-0】
http://redobikiur.blog36.fc2.com/blog-entry-424.html
【DAY-1】
http://redobikiur.blog36.fc2.com/blog-entry-432.html
【DAY-2】
http://redobikiur.blog36.fc2.com/blog-entry-433.html
【DAY-3】
http://redobikiur.blog36.fc2.com/blog-entry-434.html
【DAY-4】
このブログです



【4日目 5月29日】
泣いても笑っても今日が最終日。
20181024a01.jpg
ああ・・・・・帰りたくないのう(泣きたい

食事も喉を通らない。
20181024a02.jpg
いや、昨日の屋台と果物のせいなのだが←


それはともかく、今日の予定を脳内会議するわけだが
帰りの飛行機が15時なので午前中は行動ができる。
ただ店や施設のオープンが軒並み9~10時からなので行ける場所は限られる。


20181024a03.jpg

で、決めたのがココ。
国軍歴史文物館
20181024a04.jpg

昨日アニメイトへ向かう車中で偶然発見した建物だったりする。
何気なく外の景色を眺めていたら・・・・・・

!!!!????
20181024a05.jpg
「なに、今のクラシカルな大砲は????」
急いでスマホで調べたら「国軍歴史文物館」と。
ほうほう。

3階建ての館内は
1F 台湾警察の歴史や展示品(期間限定?)
2F 日中戦争・戦後の歴史や展示品等
3F 近代~現代の兵器展示

となっており、入場は無料。
各部屋には日本語案内のボードもあるので、それを見ながら見学すればより理解しやすいかと。
QRコードもあり、そこから音声案内もできるらしい(後日知りました
※ネットなどで館内撮影禁止という情報もありますが、
自分が訪れた際は係員に「撮影可能か?」の確認を取った上で撮影しました。
フラッシュ禁止以外は特に制限はありません。


20181024a06.jpg

20181024a07.jpg

2Fでは「あの曰くつきの刀」などの展示がありますが、
それに対して議論する考えは無いので、ここではスルーってことで。
(本心で言えば、もう少し歴史の勉強をしておけばよかったかな、と)
それを抜きにしても戦中の品々で興味深いものが多く展示されてますわ。

個人的には3Fの銃器展示に大興奮。
20181024a08.jpg

20181024a09.jpg

20181024a10.jpg

20181024b01.jpg

20181024b02.jpg

20181024b03.jpg
日本ではお目にかけることができない実銃の数々があり射精寸前。
中華民国軍(台湾軍)で使われた銃器はもとより、
世界各国様々な銃器が展示されていて1日中眺めていても飽きない勢い。

中には「これ電動ガンだよね?」って思うモデルも。
20181024b04.jpg

20181024b05.jpg
まぁ、この辺りは「参考展示」って意味合いだろうけどネ。
(AK74はともかくFA-MASやL85の入手は難しいよねぇ)

68式(上)
20181024b08.jpg
ステアーAUGの台湾独自(?)モデル。

南アフリカ版ガリル・R4
20181024b07.jpg
南アフリカからの寄贈品みたい。

M960キャリコ
20181024b09.jpg
サイレンサーに固定ストック、フォアグリップ付きとか凄いゲテモノ感(一応褒めてますw

M3グリースガンの珍銃
20181024b06.jpg
物陰に隠れて撃つのはいいけど、どうやって狙うのさwwww
しかしこーゆー屈折バレルって初速とかどーなんだろうね?

紹介したのは極一部で他にも新旧様々な銃が展示されとります。
珍しいのは国や軍へ寄贈されたモノや研究目的みたいっすね。

射撃シミュレーターもあるよー。
20181024b10.jpg

20181024c01.jpg
でも使い方(遊び方)が分からなくて断念。
畜生ッ!!!



3F隣の部屋には配備兵器の模型や部隊・階級章などが展示。
20181024c02.jpg

20181024c03.jpg

20181024c04.jpg

20181024c05.jpg
大きな艦船モデルはフルスクラッチだろうけど、
陸上車輌の地対空ミサイル車両や戦車回収車、ドーザー、戦車橋・・・・・
コレって市販プラモで出てるのか?ってぐらいマニアックなモデルも多い。

こっちにも射撃シミュレーターがありまして、大砲ver.!
20181024c06.jpg

20181024c07.jpg
こちらも遊んでみたかったけど、やっぱり分からなかったので断念。
流れるデモを見ていると着弾した時の爆破音も迫力あって面白気持ちよさそう。
今度来るときは理解できるようにしてくるんだからね!(宣言


結構早足で回ったのでなんとも不完全燃焼だが次の目的地へ。
20181024c08.jpg

20181024c09.jpg


台北101
20181024c10.jpg
泊まっているホテルのすぐ横にあるんだけど、
残り時間からしたらここがフィニッシュでちょうどいいと判断。

休日はエレベーター待ちがあるようだが、この日は平日なので待ちはゼロ。
20181024d01.jpg
そういえばエレベーター前で写真を撮られたんだけど、後でプリントアウトして貰えたようで。
折角カッコいいポーズ取ってキメたのだがのぅ。
(もちろん別料金&時間が無かったのですっ飛ばし)

89階の展望室より。
ぬお~、高けぇ~。
20181024d02.jpg

20181024d03.jpg
高雄85と比べて台北は建物やビルがよりギッチギチに詰まっている感じね。
大都会感(高雄も十分大都会だけど、港の大都会って感じで雰囲気が違う

屋外(91階)にも出ることが可能。
20181024d04.jpg

20181024d05.jpg
景色は柵から見える程度だけど。

あらー、お仕事ご苦労様です。
20181024d06.jpg
高所恐怖症の自分じゃ無理だわ。

1000万の給料ならどうかって?いやいやいや・・・・・
じゃあ好きな艦娘をくれるって?あっ、ハイ(即答か

愛は盲目。

展望室の中心部にある球体のマスダンパー。
20181024d07.jpg
なるほど、コイツが地震の揺れを軽減させるのか!
と、思ったら地震対策ってよりも、むしろ風圧対策が狙いらしい。
日本と同じで台風が厄介な所だからねぇ。


徒歩でホテルに戻るもやっぱり汗だくモード。
101とホテルは目と鼻の先なんだけどな・・・・・
何度も言うけど暑いのよ、台湾。

急いで荷物をまとめてチェックアウトの準備。
そのまま空港へ行くのでフロントに電話してタクシーを依頼。

20181024d08.jpg
待たせていたタクシーの運転手に「空港まで」と行き先を伝えるが・・・・・
運転手「ステイション!ゴー、ホテル」
なに言ってんだこのオッサン?

いやいや、駅じゃなくて空港、エアポートに行きたいんじゃよ!
それでも「ステイション&ホテル」云々と言い続けるし・・・・・
メモに「桃園空港」と書いて渡して納得したのか(?)タクシー発進。
だ・・・・・大丈夫なのか?


この妙な雰囲気を打ち消したのは運転手のこの言葉。
20181024d09.jpg
「ツキジ・スターイル」
は!!!!!??????

そう、この運転手一昨日台北駅からホテルに向かう際に
乗った同じ運転手だったのだwwwww


そうか、だから「ステイション&ホテル」と連呼していたのか。
すまん!(スマホの翻訳機で謝罪
分かり合える言葉、それは・・・・・・
「ツキジ・スタイル!」

しかし偶然にも同じ運転手に当たるとは・・・・・・と思ってたら
「ユア、ルーム1716?」
は!!!!!!?????

ちょ、なんでワシの部屋番号知ってんだよwwwwwwwwwww
その他、部屋の詳細とか知ってたwwwww

あ~、そういえばドアマンと友達とか何とか言ってたなぁ。
そのドアマンからの情報か?
チェックアウトしたとはいえ、ホテルマンが部屋番号教えちゃアカンやろ。
ちょっとソコは心配になったわ(汗
逆にドアマンが気を利かせて、この運転手を呼んだのかもしれないので感謝半分ってトコでw

20181024d10.jpg

無事空港へ到着。
「ツキジ・スタイル」で意気投合(?)した仲なので、
次回台湾に来た際にはまたオッサンを指名するわw
20181024e01.jpg
次は「トヨス・スタイル」と教えようw

20181024e02.jpg


時間はあるので、ゆっくりと昼食。
チキンカツが骨付きだったのに気付かず歯を強打。
20181024e03.jpg
おのれ孔明!(関係ないです


20181024e04.jpg
いよいよ離陸。

「マタキテネー」
20181024e05.jpg
また帰ってくるよー。

帰りの便は天候は安定してたのでエマージェンシーコールも無し←
この雲海・・・・・・旅のエンディングに相応しい。
20181024e06.jpg
BGMはOASISの「The Masterplan」で。


無事セントレア空港に到着。
地に足が着くっていいよね
(やっぱり飛行機怖い

税関審査にて。
税関員「初めての海外ですか。危険なものなど持ち込んでいませんよね?」
うらじー「なーんも無いアルヨ」←どっちやねん
      (いやらしいモノも買わなかったしな、えっへん!)
税関員「すみませんが、一応荷物チェックさせてもらいますね」

カバンを開けて現れる味仙杓文字

税関員「えっと・・・・・これは?」
うらじー「中部地域だから味仙って知ってますよね。で、この杓文字は(ry」

まさか税関員に杓文字&マジ味仙の説明を
するハメになるとは思わなかったw

コレ、中部地区だから味仙の説明が省けたからいいものの、
他の空港だったらそこから説明したいとイカンわwww

そんな旅の最後のオチでした。


---------------------------------------------------------------------------------------------
これにて台湾イベント旅行は終了。

ようやく念願叶った台湾旅行。
「百聞は一見に如かず」とはよく言ったもので、
実際その土地に行って初めて分かる事が多々ありました。
そこから余計に興味が沸いて台湾沼にハマりそうな予感がしたりしなかったりw

隣国台湾ってこともあり、旅行中さほど困ったこともなく
出発前に「海外旅行Lv.1でも大丈夫でしょ?」と言ったのも正解。
ある程度の事前調査さえすれば国内旅行と変わらない感じでした。
近代文化が日本と近いと言う事もあって日本とガラリと変わった
国ではありませんが、程よい異国の雰囲気や風土を楽しめます。
旅行中に出会った台湾人の方々は親切に接してくれました。
親日家の多い国だってのも頷けます。

治安もいいし、安心して海外旅行に行ける国だと思います。
ホント、暑い以外は最高ですよw
(暑がりなら冬場に行った方がいいかもね)

来年も行きたくなった台湾。
丁度このブログを書いている最中に速報で来年6月に砲雷撃戦が開催される報がきました。
リアル仕事の兼ね合いもあるので「予定は未定」ですが
再び台湾の地に立てるよう計画を立てたいです。

最後にここまで長文になった旅行記を読んでいただいた皆様に感謝します。
ありがとうございました。

台湾好棒!
ウォーウォー!
  1. 2018/10/24(水) 19:00:00|
  2. 同人
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

台湾イベント&旅行記【DAY-3】

こんばんは、うらじーです。

前回の【DAY-2】が一番の長文と書きましたが、
仕上がってみたら今回の【DAY-3】もほぼ同じ長文でした。
・・・・・・・・すみません。
今回のDAY-3は台北市内のヲタ観光がメインです。

【DAY-0】
http://redobikiur.blog36.fc2.com/blog-entry-424.html
【DAY-1】
http://redobikiur.blog36.fc2.com/blog-entry-432.html
【DAY-2】
http://redobikiur.blog36.fc2.com/blog-entry-433.html
【DAY-3】
このブログです
【DAY-4】
http://redobikiur.blog36.fc2.com/blog-entry-435.html



【3日目 5月28日】
グッドモーニング・タイペイ
20181022a01.jpg
昨日の天気予報では雨が降るかもしれない感じだったけど、
ホテルの窓から見る限り降った様子は無さそう。

ん?
20181022a02.jpg
午前6時で既に27℃とか!!!
日本で言ったら完全に8月の朝ですよ、8月の!!!!
それこそ夏コミ真っ盛り、都内のホテルから戦場(ビッグサイト)へ行くぜ!
と同じ感覚がここ台湾では5月から・・・・・・・
これは年中溶けそうな予感しかしない!

ちなみに帰国してから旅行中の気温を調べてみたのだが、
台北では日中35℃が常だった。
うらじーが市内をちょっと歩いただけで背中が汗ベターになってたのも頷ける。

ただ面白いのは南の高雄の方が2~3℃低かったこと。
ナンデ?


まだ少し朝食レストラン開店まで時間があるので
部屋で艦これやりながらグダグダと。いつもの日常と変わらんなw

おもむろにTVをチャンネルザッピングをしていると、
アニマックス台湾なんてチャンネルがあることに気付く。
ぽちー。
20181022a03.jpg
日本のアニマックスと同じ感じで日本アニメを放送してました。
(アニマックス台湾を含むアジア地域やヨーロッパでも展開されている模様)

字幕版もあれば、台湾声優による吹き替え版もあったりと
普段何気なく見ているアニメがちょっと違って見えて面白いねえ。
写真のアニメはタイトル失念したけど「坂本ですが?」は吹き替え版でも
ギャクアニメ系なので言葉が分からなくても雰囲気や内容が理解しやすい。

こーゆーので語学の勉強をするのも捗っていいかもしれない。
実際、外国ヲタクは日本アニメやゲームで日本語覚えるっていうしなぁ。
いくら日本の味仙に通っても中国語は覚えられないし(何の話だ


そんな言語に対することで1つ。
20181022a04.jpg
これは部屋の電話。
文字以外に記号アイコンが描かれていて、文字が読めなくても大体の意味は理解できる。
日本でもイラスト中心の説明書、特にスタートガイド等でよく見る機会が増えた。
古くはWW2のフランスレジスタンスに供給した
リバレーター単発銃の説明書もイラストだけで説明されてたね。
20181022a05.jpg
・・・・・・・って、何の話だ。
言語を覚えるのも大事だが、直感的に分かる配慮があるのも外国人旅行者には有難い。


そろそろ時間なのでメシに行きましょう。
20181022a06.jpg
昨日のホテルに比べてシンプルな感じになっているのはクラブルーム専用のラウンジだから。
メインのホテルレストランの方がビュッフェメニューが豊富だろうけど、
今日は静かなクラブラウンジで朝食をすることに。

20181022a07.jpg
食事をしながら本日の予定を考える。
いやね、本当に観光スケジュールなんて全然考えていなくて
「行き当たりばったりでいいか」の精神で来てしまったので。
一応、この3日目に関しては、台湾のヲタショップを巡ろうと思ってたので
スマホやガイドブックを見ながら情報収集。
そんなに手広く回れないだろうし、市内中心を攻めよう。


出発。
うげぇ、外が暑いいいいいいいいいいッ!!!!!!!
20181022a08.jpg
確かに台湾は暑い。
けど、お店やタクシー内はクーラーを超絶効かせてあるので
上手いこと太陽光線と熱空間を避ければ
快適に過ごすことが可能である。

・・・・・当然そんな上手いこといかんけど(そりゃそーだ

20181022a09.jpg

まずはヲタクの基本、アニメイトにやってきた。
アニメイト台北店
20181022a10.jpg
この写真からして日本以外の何物でもないwww
台湾感ナッシング!!!!!

らしんばんの看板とか日本からそのまま持ってきたんじゃね?

店の入り口の看板にふと足が止まる。
20181022b01.jpg
あっ、高雄85スカイタワービルで見た高雄さんだ!(しつこい

実はこのキャラ、昨日イベント会場でRさんに教えてもらい
「高捷少女」という高雄捷運公司(高雄市の地下鉄)の
公式マスコットキャラクターということが判明

■高捷少女■(wiki)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%AB%98%E6%8D%B7%E5%B0%91%E5%A5%B3


確かに初めて見たときから、どこかで見たような気がしていたのだが
多分ネットニュースか何かで見て記憶の片隅にあったのかもしれない。
そもそも高雄駅まで行けば簡単に謎は解けていたのだがな。
(自分が利用していたのは高雄“の”左營駅)
やっぱ事前調査は大事やね(今更ジロー


さてさて、アニメイト店内ですが、まんま日本のアニメイトと変わらないっスね。
そりゃあ日本発のお店で隣国なら変化がないのも当然といっちゃあ当然。
グッズも日本のモノがそのまま販売されていて、
台湾オリジナル(文字表記が中国語みたいなヤツ)ってのは見かけなかった。
逆にコミックなど本の類は中国語版が殆どでした。

とりあえずたまたま見つけたゲンブンマガジンの中国語版があったので購入。
日本版はB5(右)だけど、こちら版はA4サイズ(左・中)でデカいのね。
20181022b02.jpg


アニメイトを出てすぐ近所の西門町へ。
20181022b03.jpg

20181022b04.jpg
この「いかにも」って感じ、嫌いじゃないぜ!

この西門町、若者層に人気のスポットでファッション・カフェ・ヲタ系SHOPが多く
原宿とアキバを足して割ったような街だとか(ガイドブックによる
「半分アキバ」とまでは感じなかったけど、確かに新宿や池袋の街のような雰囲気はある。
(原宿って生まれてこの方、行ったことが無いので比較できん)

しかし暑い・・・・・・・
出だしにも書いたが日中気温が35℃だってんだからタマランチオに決まってる。
20181022b05.jpg
タピオカジュースでクールダウン。
・・・・・これだけで冷えないよ、アホー!

西門町を後にする直前に見た看板。
20181022b06.jpg
心配なので修正しておきました(余計に酷い
この後行った地下街にも結構同じ看板があった


先ほどのアニメイトの方へ戻って・・・・・
20181022b07.jpg

とらのあな台北店
20181022b08.jpg

20181022b09.jpg
今年オープンしたばかりで、一番覗いてみたかったお店。
日本では常にお世話になっております。
こちらもアニメイトと同じく店内は日本のとらと差ほど変化なし。
開店間もないからなのか、店の方針なのかは不明だが日本と比べて同人誌の陳列はあまり多くない。
また殆どが日本のサークルの同人誌だったねー。
もう少し台湾サークルの本があるかと期待していたけど残念無念。

ちなみにとらもアニメイトも日本人スタッフor日本語ができるスタッフが
対応してくれたので普通に日本語でお買い物できまっせー。

もう地上世界は暑くてガマンならん・・・・・
20181022b10.jpg

20181022c01.jpg
台北駅地下街へ。幾らか涼しい。

ここも台湾ヲタスポットらしく、看板広告にもそれが伺える。
20181022c02.jpg

20181022c03.jpg

20181022c04.jpg
台湾でも「最胸」で通じるのかw


全体的にフィギュア販売店やゲーセンが多いが、それ以上に多いのがレンタルボックス販売の店。
20181022c05.jpg

20181022c06.jpg
あんまり興味が無かったので、マジマジとは覗かなかったけど
これだけ数が多いと意外なお宝発見がありそうな感じではある。
ちなみにフィギュアの値段だが日本円に換算すると順当な値段でしたね。

そろそろ腹が減ってきたので、何処かで昼食を・・・・・・
20181022c07.jpg
ここにすっか!
日本ではもう何年も入っていないメイド喫茶系なんだけど、絶対話のネタになりそうなので入ってみた。
(西門町にもメイド喫茶あったヨ)

「イラッシャイマセ、ゴシュジンサマー」(日本語)
なるほど、そこは日本語でお出迎えなのね。
さすがジャパニーズメイド喫茶スタイル!

平日だったこともあり、店内はガラガラ。
メニューにも日本語表記があるので分かりやすい。
20181022c08.jpg
って、ことは日本人も来るのね。

で、定番のアレ。
20181022c09.jpg
「オイシクナーレ、モエモエキュン!」(日本語)
ああ、やっぱりコレも日本語なのねw

ちなみにメイド喫茶の少し先。
20181022c10.jpg
男性向けがあるなら女性向けもあるよね。


うをっと!台湾のガン&ミリタリーショップ発見!
20181022d01.jpg
もちろん台湾メーカーのトイガンが多いが中には日本メーカーも。
価格表を見るとマルイ製は少し高めかな?
(フルセットなのか単体なのか確認できなかったので正確な価格は不明)

むむむ、このマカロフは・・・・・・
20181022d02.jpg
POPの文字がイマイチ翻訳できなかったのと、
メーカー表記がなかったので詳細不明ですが・・・・・ICS製かな?
日本で手に入るマカロフはKSC製しかないので、この辺りも輸入できたらいいのになー、と思ったり。
(仮にコレがICS製だとするとメタルフレームなので日本販売無理なのだが)

他にもサープラス系ミリタリーショップも。
(この地下街で確認できたミリタリーショップは2軒)
20181022d03.jpg
台湾の海兵隊(海軍陸戦隊)のデジタル迷彩BDUもあったりと興味をそそられるねえ。
それ着てマジ味仙軍とかしたい。
メインウエポンは杓文字(死の予感


地下街に篭っていたおかげで、ようやくクールダウンできたのだが外に出るとまだクソ暑い(現在16時
20181022d04.jpg
移動。
あぁ、タクシーが一番涼しいのう・・・・・


キングマンゴー(芒果皇帝)
20181022d05.jpg
Sさんに教えてもらったオススメのカキ氷屋。
一昨日食ったのにまた食うの?って感じだけど暑いんだからいいだろ、コノヤロウ。
台湾に来ればわかる。暑いんだ!!!!!!

番号札で呼ばれるセルフ販売システムなのだが、
呼び出しが棒読みちゃんで噴く(日本語)www不意を突いたらあかんwww

マンゴー汁たっぷりマンゴーカキ氷(ふわふわver.)
20181022d06.jpg
ほああああぁぁぁっ!!!!!
うまあああぁぁいいいいいっ!!!


20181022d07.jpg
氷の「ふわふわ」に偽り無し。
使っている氷にミルクが入っているのだが、これが食べてみると
「アイスクリームじゃないの?」ってぐらい錯覚するレベル。
氷とクリームって感触的には全然違うのに・・・・・おお、ゴッドよ。
とりあえず御節介にも隣の日本人観光客の方にこの感動を伝えておきました。
そんな人に伝えたいぐらいのカキ氷でした。


そこから歩いてすぐの場所。
20181022d08.jpg

永康牛肉麵
20181022d09.jpg
カキ氷食った後にラーメンとか逆じゃね?
というツッコミは十分承知。
だがそれがいい(謎

店内は近所の定食屋の雰囲気。
一番人気の牛筋麺を頼むぜ。
20181022d10.jpg
すると店員さんが
「コレ、辛イヨ、すぱいしーヨ、大丈夫?」
と聞いてきたが・・・・えっ、マジで?
確かに豆板醤とか四川風とか辛そうなワードが入っている。
味仙の台湾ラーメン以上だったらどうしよう・・・・・・
しかしここで引いては日本男児の名が廃る。持ッテキテー!

デデン!
20181022e01.jpg
実食。

んんんんんんんっっっっっっ???????
そんなに辛くない!!!!!!!!!

麺はしっかりとしたコシがあるし、その麺と絡めて食べられる柔らかい牛スジ肉も美味い。
やだ、これご飯と合うタイプのラーメンじゃないですか。いやんばかん。
しかし辛くない・・・・・・あ、あれぇ?????

完食。
20181022e02.jpg
マジ味仙なめんなよ!

ところで、この台湾“の”ラーメン(否:台湾ラーメン)を食べる際、
ちょっと気になっていたのが「香り」。
数年前、ウチの親父が台湾土産で買ってきたカップラーメン。
これが独特の香り、というか匂いが鼻について気になったシロモノで。
味自体は全然問題なくて、本当に匂いが・・・・ねぇ。
なので「台湾のお店で出すラーメンも同じかしらん?」
思って警戒していたが、そんなこともなく安心した。


暗くなってきたので一旦ホテルに帰還。
さて、どーするか・・・・・・・・ゴロゴロゴロ(ベッドで転がるうらじー

「あ、そうだ。昨日Sさんに教えてもらった夜市ってのに行ってみるか」
20181022e03.jpg
昨日に引き続き、Sさんと連絡を取って合流。
夜市に関して色々と情報を聞くことに。
するとSさんから「ある提案」を持ちかけられる。

~ここから約1時間程、記憶が途切れる~

なんだろう、妙にスッキリした気分である。
そして財布が少し軽くなったようだ。
そこの君、あまり詮索するのはやめるんだ!←


--やらしい男移動中---
20181022e04.jpg
やってきました土林夜市。

夜市ってのは日本で言う所の屋台・夜店と理解していただいてOK。
20181022e05.jpg
台湾では縁日・祭りでもないのに、夜市は毎日やってるのだ。
しかもかなりの規模で、これが毎日ってのはマジでビックリする。

夜店を徘徊にスタート。
20181022e06.jpg
早速うらじーさんの興味を引くエアガンを使った射的場が登場。
これは日本には無い店ですぞ。

20181022e07.jpg
エアガンは固定スライド式で作動・パワー安定化を狙ってエアータンク直付け。
その形からすると昔のMGCのハンドガンっぽい感じもするなぁ。

風船が的なので割れた炸裂音が気持ちいいし面白い。
しかし安全ゴーグルも置いていないので跳弾とか怖いんスけど・・・・・
という以前に回りに跳弾避けのネットも何もないけど大丈夫なのか?(汗
この辺は台湾の遊戯銃規定がどうなってるのかちと疑問。

エリンギ焼き屋。
20181022e08.jpg
エリンギなのに違う種類のキノコマスコットがあるけど、まぁ御愛嬌w

20181022e09.jpg
値段のワリに量もあって、なにより美味い。
ゴミはお店が引き取ってくれたけど、あまりゴミ箱の類が無いので
夜市に行くときはゴミ袋とウエットティッシュ(手が汚れるので)を持参するといいね。

20181022e10.jpg

こ・・・・・これは!
20181022f01.jpg
懐かしい、昔あった魚釣りゲームの拡大版。でかい。

検索したら今でも売っているみたいね。
20181022f02.jpg

この懐かしさと、この巨大なシロモノを見たからには遊ぶしかないじゃないの!
制限時間4・7・11分の選択料金で、その内に30匹釣り上げれば景品ゲット。

レッツチャレンジ!
20181022f03.jpg

20181022f04.jpg

20181022f05.jpg
魚の数が多いので目移りしてしまい、なかなか狙いを定められない。ぬぅ。
昔遊んだ形は口内に磁石が仕込んであったタイプだったのだが、
こうやって歯に釣り針を引っ掛けて引き上げるタイプは初めて。
中には歯が欠けていたりして均等でない魚もいるので注意だ。

20181022f06.jpg
おしい、26匹!

ええぃ、もう4分追加じゃ!
流石に慣れてきたので、そこから余裕で50匹ゲット。
20181022f07.jpg
景品はスポンジボブのぬいぐるみをチョイスしたぜ。
でもこれ、ホテルに帰ってから気付いたけど結構大きいので荷物になると気付く。
しまった!(遅せーよ


他にも色々な夜店がありまして。
20181022f08.jpg
後ろから見てただけだけど、多分マットに書かれた牌と選んだ牌を合わせていくビンゴ的な遊びかと。

こちらはパチンコ?ピンボール的な何か。
20181022f09.jpg

金魚すくいもあって、ホント縁日な感じ。
20181022f10.jpg

6月の米朝会談前だったので某金坊が台湾にいたりしたw
20181022g01.jpg

もっと色々見て回りたかったけど時間は23時。
流石に1日動きまくっていたので眠気がきてフラフラ。
判断力が鈍るとスリにあう危険性も高くなるので
ここで見切りをつけてホテルに帰還。
いやー、楽しかったわ。


ただ調子こいて夜店で果物買ってきたんだけど・・・・・・
20181022g02.jpg
・・・・・ちと多かったな(汗
(チェックアウトまでに頑張って食べました。オイシーヨw)
  1. 2018/10/22(月) 20:05:29|
  2. 同人
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

台湾イベント&旅行記【DAY-2】

こんばんは、うらじーです。
【DAY-1】から一週間で【DAY-2】をUPすることができました。
旅行から5ヶ月も経って新鮮味もヘッタクリもないですが(汗

この【DAY-2】が一番の長文です。
もっとスリム化しようと思えばできるのですが、
うらじー本人の個人日記的な意味合いもあって事細かに書いています。
歳を取ると忘れっぽくなるので、ゲホゲホ(じじい
そんな感じです。

【DAY-0】
http://redobikiur.blog36.fc2.com/blog-entry-424.html
【DAY-1】
http://redobikiur.blog36.fc2.com/blog-entry-432.html
【DAY-2】
このブログです
【DAY-3】
http://redobikiur.blog36.fc2.com/blog-entry-434.html
【DAY-4】
http://redobikiur.blog36.fc2.com/blog-entry-435.html



【2日目 5月27日】
異国に来て初めて見る朝日。
20181019AA.jpg
初の海外旅行だから何やっても初な訳で。
感覚的には新年を迎えた小市民みたいなノリ。
海外初起床!海外初朝日!海外初●●!

よし、海外初艦これ起動!
ウソ、昨日もバンバン起動してた!ウソついたらアカンがな。

艦これの任務更新は日本時間午前5時。
なのでここでは午前4時が更新時間になる訳ネ。
ちょうどこの時期は春のミニイベ中で更なるアイテムゲットの為に周回を重ねていた。
まぁ台湾出発前までに目ぼしいアイテムは入手したのだが・・・・・
えっ、そのせいで新刊落としたんじゃないかって?
いやだなーもー、そんな訳ナイJャナイDESカァ(ガタガタガタガタガタ
そんな事よりメシを食いに行こう、メシメシ。


20181019AB.jpg
ランスロットさん(?)がお出迎え。ピーガー!

ご覧のように日本と同じように朝食はビュッフェ形式。
20181019AC.jpg

20181019AD.jpg
色々なホテルの朝食ビュッフェをみてきたけど、これだけ種類豊富な所はなかなか珍しいのでは?

20181019AE.jpg
そうめん蕎麦まであるが、流石に台湾ラーメンは無いな(ねーよ
日本の某旅館で高山ラーメンとかあったのになあ。

色とりどりなラインナップなのだが、折角異国に来たのだから
馴染みの無いものを食べてみようと思うのは正常な脳内思考・・・・・だよな?
(流石にゲテモノ系はノーサンキューだぜ、セニョリータ)

で、チョイスした品がこちら。
20181019AF.jpg
ぐぎぎ・・・・・ここではこれが精一杯。
一応、日本ではあまり馴染みはなさそうな品々だけど、
「では見かけないか?」といえば、どこかで見たことあるような無いような・・・・・
流石に“おハイソ”(死語)なホテルなのでヘタな品は出せないだろうしね。

お味の方は間違いなし。うめえ。
料理長を呼べ、褒めて遣わす(偉そう
実際この旅行期間、ワリと普通の食事ばかりで台湾B級グルメ的なレベルのモノは殆ど口にしてなかったね。
次回来た際には挑戦しよう。
まぁ、ほら、今回は偵察任務が主ですから(そうなのか?


時間も無いので食後、即チェックアウトの準備。
瑞雲Tシャツでメイクアップ!キラリーン!!!
20181019AG.jpg
垂飛辺さんが作ってくれた特製Tシャツである。
もちろんファットボーイうらじーでも余裕で着れるBIGサイズ。
痩せろって?うるせー。

ホテルチェックアウトの際、何故か女性従業員の方と話が弾み名刺交換をする流れに。
20181019AH.jpg
・・・・・コレで良かったんじゃろか?
そもそも仕事用の名刺とか持って無いしな。


タクシーに乗り会場へ。
ホテルから大した距離ではなかったのだが用心をして・・・・・な。
道に迷う&間違えることに定評のあるうらじー氏だから(舞桜メンバー調べ
20181019AI.jpg

ここか、会場は。
高雄國際會議中心
20181019AJ.jpg

20181019AK.jpg
開場待ちしている一般参加者の風景をみても日本のオンリーと変わらんね。

受付で軽く台湾人と間違えられたが
「瑞雲Tシャツ着てるんだから日本人に決まってるじゃない」
と別スタッフから変なフォローが入る。なんじゃそりゃwww
でも瑞雲教の魔の手は既に台湾をも飲み込んでいるかもしれないずいうん?(日向訛り

会場IN。
20181019AL.jpg

20181019AM.jpg

中も日本の会場とさほど違わないけど、参ったのはコレ。
20181019AN.jpg
サービスエリアの屋外フードコートに置いてありそうなプラ椅子。
別に台湾って訳じゃなく、この会場独自の備品だろうけど硬いし座面も小さくて長時間座るには向いていないぞ。
普段イベントで座っているパイプ椅子がマジで恋しくなるレベル。
こりゃ次回も会場同じなら座布団持参せねばいかんな。

今回サークル数は約150。
ここでカタログを手に入れサークルチェックが出来る。
20181019AO.jpg
流石に日本で今回のイベントのカタログの事前販売は無いからね。

一応イベントHPでの簡易サークルリストは見てきたけど、
ウチの両隣のサークルは片方が日本のサークル、反対側は台湾のサークルっぽい?(夕立感

ドキドキ、ちゃんと挨拶できるじゃろうか?
ニーハオ、シェイシェイ、ウォーアイニー・・・・・
ダメだ、中国語の知識がら●ま1/2のシャ●プーぐらいでしかない!

失礼なことを言って即開戦・戦争にならないよう気をつけないと(被害妄想

その台湾サークルさん登場。
「こんにちはー、よろしくお願いしますー」(日本語
日本語流暢(りゅうちょう)過ぎて自分がキョドるレベルwwwwwwwwww
「いや、その、えっと、日本人じゃないですよね?」
って疑うレベルでフツーに日本語が話せる方でした。すげえ。

程なく隣の日本のサークルさんも到着。
名古屋からのようで、異国で変な親近感に包まれる。
ジャーン!(SE:ドラの音)テバサキー・台湾ラーメン・台湾チマキー(ry
おお、ラブ・ノウ!(愛知


サークル設営完了。
20181019AP.jpg
いつもと変わらない雰囲気だけど、POPボードには現地語で価格や同人誌の説明。
加えて今回は垂飛辺さんの「艦これ&台湾空軍」本を委託で置くことに。こちらは無料配布。
事前に調べたら台湾の同人イベントでは「コピー本=無料配布」って
イメージがあるらしく、今回は無料という判断を取ったしだいでありんす。
(※個人調べなので一概にそうでない可能性もあるので悪しからず)

イベント開場。
会場のキャパからしても結構多くの一般がなだれ込む。
これはウチのサークルも期待できるか?
・・・・・と思ったけど、あまり手にとってもらえないのう。
こりゃ日本と同じか?(悲しみ

自分1人での参加ということもあったので、会場内は短時間で1~2周サークルを回ったのみ。
7割ぐらいは日本のサークルなので、そこまで「外国の同人イベント感」はなく、いつもの砲雷撃戦みたい。


ここからはイベント中、両隣のサークルさんと
会話した内容をいくつかご紹介。

●「千葉」ダンボール●
千葉?
20181019AQ.jpg
チバ、シガ、サガ?

隣の台湾サークルの代表Rさんが持ち込んでいたダンボールに
千葉という文字がデカデカと書かれていた。
中国語でどんな意味?
聞くと台湾の印刷所の名前らしい。

帰国後、調べてみたらあった。
20181019AR.jpg
日本の地域名を社名や店名にした会社も色々あるそう。
確かに日本でもそう言った社名は見るね。日本コロムビアとか(ちょっと違う?
しかしよりによって「千葉」・・・・・・か。
いや、別に千葉に偏見持っている訳じゃないので、そこはよろしくメカドッグ。
ラブ・ノウ(愛知)でもいいんじゃよー?

●ウチの本の翻訳に関して●
そのRさん、台湾国内で日本企業に関わるお仕事の経験があるそうで。
どうりで日本語が上手いワケだ。
図々しくもウチの翻訳はどうかと聞いてみました。

例えば
「奥の奥」→「奥的奥」
と表記したが、台湾ではこう言わないらしい。
(本来の訳を教えてもらったのですが失念しました。すみませんorz)
やはり機械(ネット)翻訳はそれなり、ってことと、生の人間による翻訳の素晴らしさを知ったのでした。
ワシも中国語(繁体)覚えようかしら?

●日本でも拾われなかったネタ●
ウチの本「ホテルNEWヤマト」より。
20181019AS.jpg
コレ、暁の「レディ」「デビルマンレディ」を掛けたモノだったんだけど、
Rさんにネタ突っ込まれてビックリ仰天オシッコジャー。
日本じゃ誰にも拾われなかったネタなのに(気付かれないだけ?
Rさん、結構日本のアニメも知っているようなので当然といっちゃ当然か。
ってか、うらじーさんは言うほどデビルマンって見たことないのよ(ぶっちゃけw

●海外イベントでの翻訳本に関して●
逆隣の日本のサークルさんの方に話を伺うと、過去何度も海外で
イベントに参加されているベテランでした。
数年前と最近の違いで興味深かったのが
・数年前は日本語表記そのままの同人誌でも結構売れた
・最近は翻訳表記された同人誌、もしくは翻訳表をつけた方が売れる

というもの。
個人的な解釈も入るけど、以前に比べてライト層の来場の数が多くなったのかしら?
コア層が日本語の同人誌でも無問題だったのが、翻訳本の方を求めるライト層が上回ってきたのかも。
でも台湾の最大同人イベントFF(FANCY FRONTIER:台湾最大の同人イベント)も
かなり以前から開催されているので、この解釈が当てはまるかどうか分からないけど、
多少はそんな事情もあるのではないかしら?
ドゥーでしょう?

●企画物●
ちょうど目の前で魚雷を投げて深海棲艦パネルを倒す縁日的なことをしてた。
単純だけどスポンジ製の魚雷が上手く飛ばないので見ため以上に難しそうだったね。
20181019AT.jpg
魚雷カットインが出来る雪風や北上様は伊達じゃない!

●提督の鏡●
おっと、遠征が帰ってくる時間だ。
スマホを取り出し艦これを起動してたらRさんに言われた言葉。
「提督の鏡ですね」
テッテレーテッテレーテーテッテレー♪
「照れるなぁ~」

バカ殿かよ!

こんな感じで特に退屈することもなくイベントは終了。
売り上げは・・・・・・「0」ではないけど、察してくれorz
でも外国で自分の本が売れたという事実は確かで
これがメチャクチャ嬉しかった。
なんだろう、初めて同人誌が売れたときのような感動だ。
当たり前だが「同人誌で当てて一儲けしよう」なんて考えはなく(そうだったら国内でやってるわw)、
異国での交流・文化・雰囲気が体感できただけでも大満足。

特に交流に関してはRさんと“これでもか!”ぐらいできたし、
再会を約束し会場を後にした。ザ・グッバイ!
20181019AU.jpg
両氏から頂いた同人誌、ありがとうございました。


そのまま駅へ直行。昨日と逆に台北へ向かう。
今回も商務車廂(グリーン車)の切符を買おうとしたら・・・・・
んんん?20時台以降の表示しか出ないぞ?
・・・・・・もしかして満席ってヤツか!
しかも普通指定席も満席っぽい。なんと。

現在時刻は16時。
う~む、高雄で時間を潰すのもいいかもしれないが、この後の予定を考えるとちょっと厳しいなぁ・・・・・・
まあ自由席でいいか。ポチっとな。

20181019AV.jpg
あらら、ガラガラじゃないですか。

20181019AW.jpg
これなら別に指定席でなくても全然問題無かったじゃーん。

と、思ったが駅に止まるごとに増える乗客。
距離半分(台中手前)も行かない駅で乗車率100%超え。
日本の年末年始やお盆の帰省ラッシュの混雑っぷりをTVで見るが
それがここではフツーの日曜日に起こってた。ギャース!
(この日たまたまだったのかもしれないけど)

とはいえ座っていれば快適そのもの。
20181019AX.jpg
眺める景色を見ながら
「台中かー、ここにLCTの本社があるのかー、いいなー」
※LCT 台湾のトイガンメーカー
とか考えながら段々と日が落ちて薄暗くなる車窓。


台北駅に到着。
20181019AY.jpg

20181019AZ.jpg

もう真っ暗ですよ。
タクシーを拾ってホテルへ行くぞ。
20181019BA.jpg
おっ、ちょうど目の前で客が降りたので
折角だから(?)ワシはこのタクシーを選ぶぜ!

ここでちょっとアドバイス。
タクシーで行き先を伝える際、メモ用紙に大きく目的地を書いて見せるといいよ。
スマホで目的地や地図を見せるのもいいけど年配の運転手も多くスマホの小さな字だと
確認し難い場合があるので、メモ用紙に写して見せる方がスマート&ビューティフル。

タクシー乗車&発進。
旅行中タクシーに何度も乗ったがこの運転手のオッサンが一番陽気な人だったかもしれない。
日本語は喋られない運転手だが、なにかと日本人が興味をそそるような単語を連発する。
「レフト、イートイン、ツキジ・スターイル!」
「スシ、テンプラ、カイセン」

この「ツキジ・スターイル」が結構ツボw
お互いカタコトの言葉と勢いで何とか会話になるものだと実感。

20181019BB.jpg

20181019BC.jpg
程なくしてホテルに到着。
なんか運転手がホテルのドアマンと友達みたいなこと言ってるなぁ。
実はこれが後々思わぬ展開になろうとは
その時想像もしていなかったのです
(ここで一旦CMにいく流れ

明後日の帰国までココで2泊。
グランドハイアット台北(台北君悅酒店)
20181019BD.jpg
暑がりなうらじーなので、ようやく浴びるシャワーは最高。
キレイなうらじー(当社比)になったところで再びタクシーに乗って外出。

20181019BE.jpg

20181019BF.jpg

台湾人のSさんと合流。
20181019BG.jpg
ウチの親父達は結構海外旅行をする人なんだけど、
台湾へ行った際には、このSさんにお世話になることが多いらしい。
日本語も流暢に話せるので会話も弾む。

とりあえず晩飯で台湾料理屋へ。
20181019BH.jpg
台湾にきて台湾料理屋とは何ぞ?w
・・・・・いや、単にSさんオススメの店が満員だっのでココになったのよ。
あと、別に台湾で台湾料理屋って別に何も変じゃないのに変に聞こえるのはマジ味仙補正のせい。

店内を見渡すと「日本人旅行者向け台湾料理屋」って感じが全力全開!
「じゃあ台湾ラーメンあるんじゃね?」と思ったけどありませんでした。
んだよ(本日2度目

でもイカ団子はあったヨ。
20181019BI.jpg
熱いので口内火傷定期。
しかし日本の味仙と決定的に違うのがちゃんとイカが入ってる。
なんということだ!
(SEドギャーン!
↑そう、ココ驚くところです。

料理全般に言えることだけど、日本の中華・台湾料理屋と
殆ど差はないので、ある意味安心して入れる店だったかと。


ところでSさんはマッサージ店を営んでおられるのですよ。
いやらしくない方の。(強調
こちらSさんのマッサージ店。
3Q(サンキュー)足 養生館
20181019BJ.jpg

20181019BK.jpg
この地域、日本人観光客向けなので店も日本語表記が多い。

オススメのフルコースメニューをお願いした。
さて、うらじーを知っている方なら御存知かと思うが、
自分めちゃくちゃ笑い性でマッサージは大変なのですわ。
でもマッサージは好きというイミフな趣向

しかもココ、看板の通り「足マッサージ」がメインな訳で・・・・・
20181019BL.jpg
hヴぉcうぇんねコhjんヴぇ@ろあjkhでkc
笑い死にそうwwwwwwwww
店員さん達もうらじーの笑いに釣られるよう笑っていたのがナニでアレ。

それでもマッサージは気持ちよく、同時に角質取りも実施。
沢山取れた写真も撮ったがグロいのでモザイクを。
20181019BM.jpg
後半は肩&背中の指圧をしてもらい気持ちヨカー&ドリフ大爆笑。
結局、笑って全身硬直だったので
コリが取れたのか取れなかったのかワケワカメちゃん。

ともあれ、居心地も良く店員さんも親切なマッサージ店なのでオススメ。
皆いくよろし。

今夜は疲れが取れたのか笑って疲れたのか混乱した状態でグッスリ寝れそうだ・・・・・・
  1. 2018/10/19(金) 19:00:08|
  2. 同人
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

台湾イベント&旅行記【DAY-1】

こんばんは、うらじーです。

前回の台湾イベントレポ&旅行記【DAY-0】から3ヶ月経ってしまいました。
更新遅くてすみません・・・・・・
今後はポンポーンと更新できるよう頑張ります(本当か?

本文&写真が多いのでスクロール長めです。
暇な時にゆっくりでも読んでいただければ嬉しい太郎。
ではどうぞ。


【DAY-0】
http://redobikiur.blog36.fc2.com/blog-entry-424.html
【DAY-1】
このブログです
【DAY-2】
http://redobikiur.blog36.fc2.com/blog-entry-433.html
【DAY-3】
http://redobikiur.blog36.fc2.com/blog-entry-434.html
【DAY-4】
http://redobikiur.blog36.fc2.com/blog-entry-435.html



【1日目 5月26日】
いよいよ出発。
ここから旅が始まるのだッ!
201810130A.jpg

201810130B.jpg

しかし初っ端から不安要素が・・・・・・
「飛行機に乗る手順がイマイチわからん」
201810130C.jpg
国内線は経験があるけど国際線は初めて。
そりゃそうだ、初の海外だ。
もちろんガイドブックやネットで調べてはいたけれどスッキリしない。

意を決して恐る恐るカウンターへ。
うらじー 「アワワワワ、ドウデショウカ、コレー」
受付嬢 「eチケットですからカウンターでのお手続きは不要ですよ」
早速コレである。
つか、別にコレ国内国外関係ないんだけどな。大丈夫か自分。

金属探知機ゲートではベルトのバックルが引っかかりボディチェック。
「誰ッ、ワシのエッチピストルをもしもしするのはっ!」
と、まぁ特に問題も無く(?)突破。
ホント、実際経験してみないと分からないトコロって多いよね。

飛行機に搭乗。ザ・グッバイ日本!
見てくださいこの席。ビジネスクラスっすよ、ビジネスクラス!
201810130D.jpg
時期や早期予約が利いてかビジネスでも比較的お手ごろ価格だったのでチョイスしたのだが、最高っすね。
機内食もサービスも最高っす。万歳ビジネス!

おおおおおっ飛んだぁぁぁぁぁぁ!!!!!!!
201810130E.jpg

所々、気圧を抜ける関係で少し揺れる。
おおおおおっエマージェンシーエマージェンシー緊急事態発s
飛行機に慣れないのでいつもコレ。
未だに飛行機が飛ぶ原理がよくわからんし、飛行機怖い。
飛べない豚で結構だ!

快適な空の旅~。
201810130F.jpg

201810130G.jpg
台湾へは約3時間のフライトなので機内食食ってスマホでアニメ見てたらもう着陸。
近いよね。


台湾に着陸ッ!
201810130H.jpg
ここはマクレーン警部のように緊張した面持ちで着陸姿勢する。
裸足にはなれませんが。

遂にうらじー、台湾の大地に立つ!(第一話
さっそく記念撮影を。

201810130I.jpg
持ってきたわよ味仙杓文字!!!!!!!
遂にマジ味仙杓文字が本場台湾に初上陸!!!!!

つか空港で杓文字と写真撮ってるとか不審者以上の何者でもないw


201810130J.jpg
空港から一歩出ると熱気が壁になってぶつかってくる感じでファッキンホット!
これ、前にも同じ感覚があったなあ・・・・・・
あ、そうだ、何年か前の夏コミん時に埼玉鷲宮行った時の様だ。
でもこの暴力ヤクザ的熱気、まだ5月なんだよな・・・・・
じゃあ8月の台湾ってどうやねん。
コロニーレーザーなんじゃね?

そんな事を考えながらタクシーで桃園駅に移動。
201810130K.jpg
ここから台湾新幹線こと「台湾高速鐵道」乗車するのさ。

北から一気に南に南下。
201810130L.jpg
本当は高雄行きの直行飛行機が良かったんだけど無かったのよ。

キタキタ。
201810130M.jpg

201810130N.jpg
切符はこんな感じの磁気カード。

日本の新幹線を輸入しただけあって見た目も中身も殆ど同じ。
ドアが閉まる警告音も日本で聞く音と同じってんだからマジ新幹線。
201810130O.jpg

201810130P.jpg

台湾の車窓から。チャラッチャッラーチャーララー♪
「今日は静岡県を走ります・・・・」
201810130Q.jpg
これが本当に静岡辺りを走っているような景色だし、隣に座っている台湾人も
タブレットでワン●ース見てるし、台湾な雰囲気がゼロw
もしかして台湾では・・・・・ない・・・・・のか?


でもちゃんと台湾だったよ(どっちやねん
乗った車両は「商務車廂」といって日本で言うところのグリーン車
切符の値段も安いが(日本の半額ぐらい)、日本の新幹線には無いサービスで
添乗員がコーヒー・お茶・水・お菓子を無料で配ってくれる。
201810130R.jpg

201810130S.jpg
グリーン車内を絶え間なく行き来しているので、欲しい時にスグ貰えるし、
同じくゴミ回収員もいるので身の回りは常にスッキリキレイ!
この辺りで「日本じゃない」感を得る。快適じゃ。

そうこうしていると高雄左營駅に到着。
201810130T.jpg

ホテルに向かうタクシーから高雄の街並みをみていると台北よりも雰囲気が幾らか異国っぽくなってきた。
201810130U.jpg
でも走っている車は8割方日本車。それも日本で売られているお馴染みの同モデルばかり。
違うのは左ハンドルなこととナンバープレートだけ。
あとは欧州車系(稀に訳分からん車を見るが中国車かな?)で日本で走っている雰囲気と変わらん。
途中、チューニングカーショップがあったしw(といっても町の車屋っぽい雰囲気だったけど)

だが決定的に日本と違うトコロと言えば二輪のスクーターがムチャクチャ数多いこと。
人よりスクーターの方が多いんじゃないの?ってぐらいのレベル。
きっとスクーターの方が利便性が高いんだろーね、ここまで走っているってことは。
同じ二輪でも大型バイクは殆ど見なかったなぁ。


ホテルにチェックイン。
漢來大飯店 (The Grand Hi Lai Hotel)
201810130V.jpg

201810130W.jpg

201810130X.jpg

201810130Y.jpg
荷物を置いていざ艦攻、もとい観光へ。

DAY-0で「観光地を回るような云々」と書いたけど、
流石に異国に来てホテル内で引きこもるのもナニでアレでモッタイナイので
ガイドブックを見ながら興味をそそりそうな場所をチョイスしてみたヨ。


まずはココ。
201810130Z.jpg

20181013A0.jpg
紅毛港保安堂
大戦中日本の哨戒艇(第三十八号哨戒艇で元樅型駆逐艦蓬)艦長が戦死。
戦後、台湾で遺体が漁民によって発見されたのが発端で
その艦長らを祀って建てられたのがこの紅毛港保安堂。
で、祀ったとたん、大漁が続いたとかなんとか。

20181013AA.jpg
20181013AB.jpg
数年前に移転・新築されたようでかなりキレイな造り。

ここの管理人のおじさんがいい人で「日本からきました(日本語)」と伝えたら館内を色々と丁寧に説明してくれました。
お互い母国語がメインの会話だったけど、ジェスチャーやらなんやらで意思疎通はできました。
自分はそう感じた。

奥の部屋には日本から奉納された品々や写真等が多々展示。
20181013AE.jpg

20181013AF.jpg

20181013AG.jpg
時々日本の靖国神社等へ参拝ツアーを組んで行くとのこと。
日本人として嬉しい限り。

そういや祭られている軍艦模型を間近で見てみると・・・・・・
20181013AC.jpg
レゴっぽい人形がAKMP5、艦尾には対艦ロケット?等が装備されていて草(御愛嬌
この艦、このまま艦これで実装されればイベント海域クリア余裕だなwww

20181013AD.jpg
御神輿なんかも飾ってあって結構きらびやかな雰囲気なのですよ。

記念に家内安全と交通安全のお守りを購入。
20181013AH.jpg
ご丁寧に御香の灰を詰めてもらいました。ありがたや。


紅毛港保安堂を後にしてタクシーを拾おうと思ったが・・・・・・・
全然タクシーが来ない。
つか、車があまり走ってない。


そうだ、「コンビニからタクシーを呼ぶ」を実践してみよう。うん、そうだ。
台湾ではコンビニの自動端末機(日本でいうLoppiやマルチコピー機みたいなヤツ)から操作してタクシーを呼ぶことができるのだ。
とりあえずガイドブックを見ながら操作・・・・・・・
出されたレシートには10分ぐらいでココへ来ると書かれている。

その間、コンビニ店内を散策。
20181013AI.jpg

20181013AJ.jpg
日本でおなじみのお菓子類も日本名そのままの文字で売られている品が多いこと。
なので、ちょっと引いて商品棚を見たら日本と変わらない雰囲気だよなー。

飲み物買って出口に向かうと・・・・・
タクシー通過
いやいやいやいやいやいやちょっとまって・・・・・・
まだ2~3分しか経ってないってば!!!!!!
大急ぎで外に出るも、すでにタクシーの姿は見えず。
んだよ、早いよ、ソーロータクシーさんよぉ、キイキイ(ヒステリー
・・・・・・・と、地団駄踏んでたら戻ってきました。すまん。


続きましては海辺の港街に移動。
20181013AK.jpg

20181013AO.jpg
煌びやかな看板が・・・・・別にいやらしいお店でなく、カキ氷屋がほとんど。

カキ氷食うぞ!
20181013AL.jpg

カタコトの英語を使って店員さんとやりとり。
店員  「ディス、ツー、OK?」
うらじー「OKOK、レッツカモーン!」

と、2人前で注文。コイヤー!
20181013AM.jpg
キマシタワー。

もうカキ氷がメインなのか果物がメインなんだかわからんなwwww
ご丁寧にスプーンが2つ付いてきますた。
あれだけ1人で2人前OKだって力説(英語)したやんけ!!!!!!

20181013AN.jpg
でも周りを見渡すとぼっちでいるの自分だけやん・・・・・くっ、負けないぞ(何に?

味は見たまんま美味しいです。言葉にひねり無し。
氷にかかってるシロップやミルクも濃厚だし、なによりこれだけ果物てんこ盛りなので最後まで飽きないネ。
いや、正直言えば流石に2人前なので最後のほうが飽きてきたのは内緒だ←


そしてココ。
20181013AP.jpg

20181013AQ.jpg
高雄で一番高いビル、高雄85スカイタワービル【高雄85大樓】
ネーミングが分かりやすい。
ちなみに看板はビル内のホテルのですなのですな。

20181013AR.jpg
↑これは泊まっているホテルから撮影した高雄85。

しかし着いたのはいいが、入り口が分からん・・・・・・・
とりあえず受付っぽいカウンターを訪ねてみると、なにやら呆れ顔
こちらオフィスの受付みたいで「またか」のような感じで展望台への受付を説明してくれた。
結構間違えてコッチに来る客が多いみたいね。

受付を済ませ高速エレベーターで即上昇。おいでませ74階(展望室)。
20181013AS.jpg

20181013AT.jpg
おお、これが高雄さんの夜景か。バカメ(違

20181013AU.jpg
はっ、高雄さん!(違
これ、展望室にあった広告なんだけど何じゃろか?
もしかして高雄85スカイタワービルの擬人化か?
や・・・・やっぱり高雄さんなのかかかk?(違


そんな謎を抱えたままホテルに帰還。
そーいえばカキ氷を食べただけで晩飯食ってないぞ。
20181013AV.jpg
レストランもラストオーダーの時間だったので、結局豪勢にルームサービスを頼んで遅い晩飯。
ハンバーガーとワンタンスープみたいな料理で米台合同演習感!(謎

しかしまだ23時前だったのに眠い・・・・・・・
あぁ、そうか、時差があるから日本でいったらもう0時前なのね。
おやすみなさい。




ここからは帰国後(つかこのブログUP当日だが)気付いたお話。
タクシーを呼ぶために入ったコンビニの陳列商品をよ~~~~~~く見てみると・・・・・・
20181013AW.jpg
「浪味仙」
なんじゃこりゃ!wwww
遂に台湾で初めて「味仙」というワードを発見した。
しっかしこのパッケージの天使だか味仙神(knk)だか分からんキャラは何だ?
気になるので誰か今すぐ台湾行って買ってきて←
  1. 2018/10/13(土) 18:13:34|
  2. 同人
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。